Page 219 of 273

宮崎駿監督と高畑勲監督に影響を与えたフレデリック・バックさんが死去

宮崎駿監督と高畑勲監督に大きな影響を与えた、フレデリック・バックさんが亡くなられました。
つい先日、高畑勲監督が『かぐや姫の物語』をバックさんに観てもらうために、自宅へ伺ったことが報じられていたとこでしたが……。最後にご覧いただくことができたのでしょうか。
カナダ・モントリオールの自宅で亡くなられたそうです。

つづきを読む

ジブリの楽曲をカバーした、DAISHI DANCEの『the ジブリ set 2』発売

作曲家、DAISHI DANCE氏によるジブリの楽曲をカバーしたアルバム「the ジブリ set2」がリリースされました。
2008年リリース以来、現在もセールスを伸ばし続け40万枚超えのヒット・アルバムとなった「the ジブリ set」。5年を経てDAISHI DANCEが遂に「the ジブリ set 2」をリリース。今作ではオリジナル楽曲を歌っていた方達も御参加頂き、前作からのリアレンジ曲も含めての「ベスト盤」的アルバムになりました。

つづきを読む

『ジ・アート・オブ かぐや姫の物語』12月24日発売

現在公開中の『かぐや姫の物語』のアート本、「ジ・アート・オブ かぐや姫の物語」が徳間書店より、12月24日に発売されます。
鉛筆と水彩で描かれたアートワークの紹介に加えて、高畑勲監督と、人物造形・作画設計の田辺修さん、美術監督の男鹿和雄さんによる解説も収録されています。

つづきを読む

『風立ちぬ』がBFCA賞にノミネート アニメ賞候補

宮崎駿監督の『風立ちぬ』が、放送映画批評家協会(BFCA)主催の第19回クリティックチョイス・アワードにノミネートされました。
現在『風立ちぬ』は、ニューヨーク映画批評家協会賞、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞、ボストン映画批評家協会賞でアニメーション映画賞に輝いており、ゴールデン・グローブ賞では外国語映画賞にノミネートされています。

つづきを読む

「KAMINOGE」vol.25 鈴木敏夫×川上量生のインタビュー掲載

本日発売のプロレス情報誌「KAMINOGE」にて、鈴木敏夫プロデューサーと川上量生さんのインタビューが掲載されます。
宮崎駿映画の本質、編集者型プロデューサー業、組織の生い立ち。鈴木敏夫さんの口から小気味よいテンポで次々と語られる、スタジオジブリの正史。ドワンゴの川上さんも「これはスタジオジブリの貴重な文献資料となる」とのこと。
それにしても、なぜプロレス誌なんでしょうね。

つづきを読む

ジブリが誇るアニメーター田辺修らによる『かぐや姫の物語』の絵コンテ発売

現在公開中の『かぐや姫の物語』の絵コンテ全集が徳間書店より発売されました。
本書は高畑監督の指示のもと、スタジオジブリが誇るアニメーター田辺修らが描いた、映画の絵コンテを完全収録。絵コンテは監督が描く映画の設計図で、キャラクターの動きや心理、セリフ、スタッフへの指示などが書きこまれており、細部にまで込められた監督の意図がわかるともに、躍動感溢れる美しい絵物語として楽しめる。月報は、津島佑子さんが寄稿。

つづきを読む

鹿児島県の長島美術館で「『風立ちぬ』原画展 THE ART OF THE WIND RISES」が開催

本日から、鹿児島県の長島美術館で、『風立ちぬ』原画展が始まりました。

本展は、スタジオジブリ作品の美術画集「ジ・アート」シリーズと共同で制作され、映画「風立ちぬ」の美術資料を厳選して展示しています。

つづきを読む

『風立ちぬ』米吹き替え版の堀越二郎はジョセフ・ゴードン=レヴィットが担当

『風立ちぬ』のアメリカ版の吹き替えで、堀越二郎の声をジョセフ・ゴードン=レヴィットが務めることが明かされました。
宮崎監督の映画『もののけ姫』や『千と千尋の神隠し』のファンでもあるというジョセフ。この決定に際して「演じることが大好きなのは、誰かほかの人になれるから。アニメーションでは映像が与えられ、声のみで演じるから、本当に誰かになることができる」と意気込みを語っている。

つづきを読む

「美術手帖」2014年1月号でジブリ特集【「かぐや姫の物語」スタジオジブリ アニメーションへの挑戦】

本日、美術出版社より「美術手帖」2014年1月号でジブリ特集の”「かぐや姫の物語」スタジオジブリ アニメーションへの挑戦”が発売されます。
日本屈指の才能を結集し、8年の歳月をかけて完成させた制作現場の挑戦と、新しいアニメーションを作成した、その表現の革新性が本書で明らかになります。

つづきを読む

「アニメージュ」2014年1月号で、『かぐや姫の物語』特集

12月10日発売の「アニメージュ」2014年1月号で、『かぐや姫の物語』が特集されています。
朝倉あきさん、宮本信子さんのキャストインタビューに、背景美術を担当した男鹿和雄さんのインタビューに加えて、『かぐや姫の物語』完成報告会見の模様が掲載されています。

つづきを読む



 

© 2018 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑