ジブリグッズのメタルカードケースから『魔女の宅急便』キキの看板が発売

メタルカードケース『魔女の宅急便』キキの看板スタジオジブリのメタルカードケースから、『魔女の宅急便』の「キキの看板」モデルが6月24日に発売されました。
綺麗な金属光沢を活かしながら、作品のイメージやテーマに合わせた色をみごとに実現しています。
男女問わず使えるようなデザインとなっているので、ギフトやプレゼントなどにも良さそうです。

つづきを読む

ドバイで『天空の城ラピュタ』の上映

天空の城ラピュタドバイを中心に、アラブ首長国連邦の街で海外の自主製作映画などを上映する「シネマ・アキル(Cinema Akil)」の一環として、6月22日からスタジオジブリ作品の『天空の城ラピュタ』の上映が始まりました。
今夏のシリーズ「A Hard Day’s Night」は、ラマダンの開始とともに始まり9月第1週まで、週替わりで15本の映画が上映されます。

つづきを読む

『時をかける少女』リバイバル上映でトークショー開催

『時をかける少女』10周年記念リバイバル上映情報細田守監督『時をかける少女』の劇場公開から10周年を記念したリバイバル上映の上映終了後に、ミニトークショーが開催されることが決まりました。
『時をかける少女』をより深く、またこれからの細田守監督作品を知るためのイベントとなりそうです。

つづきを読む

丸紅新電力×スタジオジブリ 鳥獣戯画のアニメ第二弾が公開

丸紅新電力×スタジオジブリスタジオジブリがアニメーションを担当した、丸紅新電力のタイアップCM「鳥獣戯画」の第二弾「つれあい篇」が6月22日に公開されました。
第一弾「出会い篇」の続きとなっており、ウサギとカエルが出会った後の物語が描かれています。
日本人には馴染み深い「鳥獣戯画」は、日本最古の漫画ともいわれる絵巻物語。

つづきを読む

新海誠監督『君の名は。』新ビジュアルが公開

君の名は。8月26日(金)より全国東宝系にて公開される、新海誠監督の『君の名は。』。7月には、アメリカ・ロサンゼルスで開催される「Anime Expo」で世界最速上映されることも決まっており、盛り上がりをみせています。
そんな本作の、新ビジュアルが公開されました。

つづきを読む

「ジブリの大博覧会」の入場料が値下げ。「¥1800だ!!」と怒鳴る鈴木敏夫プロデューサー

ジブリの大博覧会 鈴木敏夫7月7日から9月11日まで六本木ヒルズで開催される「ジブリの大博覧会~ナウシカから最新作「レッドタートル」まで~」の入場料の変更が発表されました。
各種チケットの価格を500円ずつ引き下げ、一般料金は映画の鑑賞料金と同じ1800円(税込)となります。

つづきを読む

フルCGアニメーションで作られた、新しいオズの魔法使い『Lost in Oz』

LOST IN OZ宮崎吾朗監督の『山賊の娘ローニャ』などを手がけたアニメーション制作会社、ポリゴン・ピクチュアズが、Amazonがプライム会員向けに提供する映像配信サービス「Amazonプライム・ビデオ」で、世界に配信される新しいオリジナルシリーズ『Lost in Oz』のアニメーション制作を担当することになりました。配信日は後日発表されます。

つづきを読む

アメリカメディアが選ぶ優れた日本のアニメーション14選 スタジオジブリ作品が8作選出

スタジオジブリ世界中で人気となっている日本アニメーション。海外では、どのような作品が評価されているのでしょうか。
アメリカの映画サイト「SCREENRANT」では、『千と千尋の神隠し』や『秒速5センチメートル』など、14本の日本アニメーションを選出しています。

つづきを読む

日本初の長編アニメーション『桃太郎 海の神兵』のデジタル修復版が上映

桃太郎 海の神兵第69回カンヌ国際映画祭で上映され、反響を呼んだ、日本初の長編アニメ映画『桃太郎 海の神兵』のデジタル修復版が日本で上映されることが決まりました。デジタル修復版での上映は、今回が国内初となります。
本作は、第二次世界大戦末期に、海軍省の依頼で松竹が製作し、1945年4月に公開された国策映画にして、日本初の長編アニメ映画。

つづきを読む

『天空の城ラピュタ』など日本のアニメ音楽演奏会を台湾で開催

天空の城ラピュタ台湾南部を中心に活動する「嘉義聯合管楽団」が、6月25日に嘉義市内で日本のアニメ音楽をテーマとしたコンサートを開催します。台湾では日本のアニメーションの人気が高く、当日はキャラクターのコスプレ姿で来場した観客には記念品が贈られるそうです。

つづきを読む

« 前の記事へ




1 2 3 4 5 6 168

 

© 2016 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑