Category: ジブリ話 (page 1 of 42)

「宮崎駿デザインの日テレ大時計」が壊れてカラクリ停止

宮崎駿デザインの日テレ大時計汐留の日本テレビ本社ビルにある、大時計を見てきました。
そう、宮崎駿監督がデザインした、『ハウルの動く城』のような大時計です。定刻になると、32ヶ所もの仕掛けが動き出すカラクリ時計で、汐留の名物となっております。この時計が作られたのは、2006年なので、今から11年前になります。

つづきを読む

鈴木敏夫が語る、庵野秀明と『シン・ゴジラ』

鈴木敏夫 シン・ゴジラ庵野秀明総監督による、大ヒット作品『シン・ゴジラ』。本作が庵野総監督によって作られることになった背景には、ジブリのプロデューサー、鈴木敏夫さんの働きがあったといいます。
東宝のプロデューサーに、鈴木さんが庵野さんを紹介したところから、本作のプロジェクトは進行していき、歴史に残る名作ゴジラが作られることになりました。

つづきを読む

限定スイーツ「桃の上のポニョ」を買ってきた

桃の上のポニョ ポニョゼリー東京・世田谷にある「白髭のシュークリーム工房」で販売されたポニョのゼリー、「桃の上のポニョ」を買ってきました。
ほんとうは、金曜ロードSHOW!で『崖の上のポニョ』が放送される前に買ってきて、記事にしたかったんですけど、売切れ続きで購入ができませんでした。

つづきを読む

宮崎駿がデザインした公園「Aさんの庭」

Aさんの庭東京の阿佐ヶ谷に、宮崎駿監督がデザインした公園があります。
宮崎監督の著書『トトロの住む家』で紹介された古民家の庭園が、そのまま公園になっています。
その場所は、ほんとうは失われてしまうところでしたが、本に掲載されたことが縁となって、「Aさんの庭」として残ることになりました。

つづきを読む

ジブリ美術館への行き方! 3つのルートを比較

ジブリ美術館皆さん、ジブリ美術館には、どうやって行っていますか?
「三鷹の森ジブリ美術館」公式サイトには、三鷹駅から行く案内しか掲載されていません。遠方から来た方は、公式サイトの案内通りに行く方も少なくないんじゃないでしょうか。

つづきを読む

西村義明×川上量生×庵野秀明「でほぎゃらりー 株主鼎談」文字起こし

西村義明 川上量生 庵野秀明米林宏昌監督の最新作『メアリと魔女の花』公開記念で行なわれたトークイベント、「でほぎゃらりー 株主鼎談」の模様を文字に起しました。
でほぎゃらりーは、ドワンゴ・株式会社カラー・スタジオポノックの3社によって立ち上げられた背景美術会社で、イベントには、川上量生さん、庵野秀明さん、西村義明さんが登壇しました。

つづきを読む

「ジブリ美術館」の案内看板いくつあるか数えてみた

ジブリ美術館の案内看板ジブリ美術館に行ったことがある人なら、必ず見ている美術館までの距離が記されたサイン看板。美術館に行く道すがら、ちょこちょこ目に入ってくる、あの看板。いったい、いくつ設置されているのでしょうか。
すこし気になったので、数えてみました。

つづきを読む

『借りぐらしのアリエッティ』宮崎駿と高畑勲の感想

宮崎駿 高畑勲宮崎駿さんが企画・脚本を務め、米林宏昌監督によって作られた『借りぐらしのアリエッティ』。完成したその作品を、宮崎さんは、どのように観ていたのでしょうか。
完成直後のインタビュー記事にて、宮崎さんの感想が掲載されています。

つづきを読む

宮崎駿が『借りぐらしのアリエッティ』の原作に惹かれた理由

借りぐらしのアリエッティ米林宏昌監督の長編アニメーションデビュー作『借りぐらしのアリエッティ』は、企画と脚本を務めたのは宮崎駿監督です。
いちばん最初に『アリエッティ』の原作である『床下の小人たち』のアニメーション化を企画したのは、宮崎監督がまだ20代のころ。先輩である高畑勲監督と一緒に、どうにか映画化できないか模索していたといいます。

つづきを読む

宮崎駿が語る「米林宏昌」

宮崎駿 米林宏昌『借りぐらしのアリエッティ』で長編アニメーションデビューを果たし、初っ端から成功した米林宏昌監督。今や、スタジオジブリを継ぐ貴重な存在となり、日本を代表するアニメーション監督のひとりとなりました。が、当然、ジブリに入社したばかりの新人時代があるわけです。

つづきを読む

前の記事へ
 

© 2017 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑