Category: ジブリニュース (page 1 of 172)

全国のローソンで『メアリと魔女の花』キャンペーンを実施! クリアファイルをプレゼント

メアリと魔女の花 クリアファイル全国のローソンにて、『メアリと魔女の花』のキャンペーンが実施されています。
キャンペーン期間中に対象のアイスクリームを2個購入すると、先着で数量限定のオリジナルクリアファイルが1枚貰えます。クリアファイルは、全部で4種類。各店で計20枚です。

つづきを読む

「近藤喜文展」がジブリファンに好評! お盆を利用した来場者で賑わう

この男がジブリを支えた。近藤喜文展三春町の福島さくら遊学舎で開催されている「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」がジブリファンの間で好評となっています。
お盆期間を利用して訪れる人も多く、来場者は業界屈指のアニメーター近藤喜文さんの仕事に魅了されているようです。

つづきを読む

長崎県美術館の「スタジオジブリ・レイアウト展」が来場者2万人突破!

「スタジオジブリ・レイアウト展」長崎展長崎県美術館で開催されている「スタジオジブリ・レイアウト展」の入場者数が2万人を突破しました。
2万人目の来場者は、兵庫県西宮市から訪れた高校生。諫早市にある母親の実家に家族で帰省中で、両親と姉の4人で来場したところ、2万人目となりました。

つづきを読む

「ロサンゼルスアニメ映画祭 2017」で『魔女の宅急便』や『AKIRA』など名作を紹介

魔女の宅急便アメリカ・ロサンゼルスにて、9月15日から17日にかけて「ロサンゼルスアニメ映画祭 2017」が開催されます。
2017年は、日本でアニメーションが誕生して100周年を迎えることから同映画祭では、日本のアニメーション映画が20本以上紹介されます。

つづきを読む

山本二三さん、倉敷の風景を描く。9月の個展で展示

山本二三「倉敷―記念日通り―」ジブリ作品で美術監督を務めた山本二三さんが、倉敷市立美術館で9月23日に開幕する個展に向け、同市の美観地区を描いたオリジナルの風景画が完成し、報道機関に公開されました。
歴史的な町並みと、現代の人の営みが溶け合った風情豊かな作品になっています。

つづきを読む

庵野秀明監督の10年間を描いた短編アニメ『おおきなカブ(株)』に、宮崎駿監督も「超・おじいさん」として登場

『おおきなカブ(株)』超・おじいさん庵野秀明監督が立ち上げたスタジオカラーが、創業10周年を迎えたことを記念した短編アニメーションが、YouTubeにて公開されています。
庵野監督の奥さまで漫画家の安野モヨコさんが描き下ろした漫画『おおきなカブ(株)』をアニメーション化したもの。庵野監督とカラーの”10年間の歩み”が柔らかいタッチで描かれています。

つづきを読む

『メアリと魔女の花』LINEスタンプが発売!

『メアリと魔女の花』LINEスタンプ米林宏昌監督の『メアリと魔女の花』のLINEスタンプが、8月8日に発売開始されました。
メアリを始めとして、ピーターや猫のティブとギブに、マダムにドクター・デイから、ほうきくんまで、作品に登場する主要登場キャラクターがスタンプになっています。

つづきを読む

『メアリと魔女の花』大阪で舞台挨拶 神木隆之介が杉咲花へ花の冠を贈る

メアリと魔女の花8月7日に、大阪のTOHOシネマズ 梅田にて『メアリと魔女の花』の大ヒット御礼舞台挨拶が開催されました。
声優を務めた杉咲花さん、神木隆之介さん、主題歌を担当したSEKAI NO OWARIに、米林宏昌監督と西村義明プロデューサーらが登壇しました。

つづきを読む

『メアリと魔女の花』でアニメーション制作ソフト「OpenToonz」を映画制作に初使用

メアリと魔女の花ドワンゴが、2016年3月にオープンソースソフトウェアとして公開した、2Dアニメーション制作ソフト「OpenToonz」が、2017年7月8日に公開されたスタジオポノックの第一回作品・米林宏昌監督の『メアリと魔女の花』において、制作の一部に使用されたことが発表されました。

つづきを読む

長崎県美術館の「スタジオジブリ・レイアウト展」来場者1万人突破!

「スタジオジブリ・レイアウト展」長崎展長崎県美術館で開催されている「スタジオジブリ・レイアウト展」の入場者数が、1万人を突破しました。
1万人目となったのは、福岡県古賀市から来た小学生の女の子。『となりのトトロ』のファンで、両親やきょうだいと5人で来館しました。

つづきを読む

前の記事へ
 

© 2017 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑