Page 6 of 262

冬もジブリ!『魔女の宅急便』『ゲド戦記』『レッドタートル ある島の物語』が放送!

魔女の宅急便 ゲド戦記日本テレビ系の「金曜ロードSHOW!」にて、「冬もジブリ」と題して1月5日から2週連続で、『魔女の宅急便』と『ゲド戦記』が放送されることが発表されました。
さらには、スタジオジブリ最新作の『レッドタートル ある島の物語』が、関東ローカルで1月2日の月曜深夜に「映画天国」の枠でテレビ初放送されます。

つづきを読む

宮崎吾朗監修『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』予告解禁

西遊記 ヒーロー・イズ・バック中国で大ヒットした長編アニメーション映画、ティエン・シャオポン(田暁鵬)監督の『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』の日本語版予告が公開されました。
本作の日本語吹き替えは、スタジオジブリの宮崎吾朗さんが監修を務めており、咲野俊介さんが孫悟空に声を当てています。中国での興行収入は、約192億円を叩きだしています。

つづきを読む

「スタジオジブリ・レイアウト展」にちなみ、福井のカフェで「まっしろしろすけ」を販売

まっしろしろすけ福井市内のカフェ「美術館喫茶室ニホ」にて、展覧会「スタジオジブリ・レイアウト展」あやかった新メニュー「まっしろしろすけ」の販売が始まりました。
こし餡と甘いミルクを合わせた白い汁粉に、白玉とマシュマロを浮かべ、フリーズドライのイチゴを散らしたスイーツとなります。

つづきを読む

鈴木敏夫プロデューサーの新刊『人生は単なる空騒ぎ 言葉の魔法』12月28日発売

人生は単なる空騒ぎ 言葉の魔法鈴木敏夫プロデューサーの新刊『人生は単なる空騒ぎ 言葉の魔法』の装丁が発表されました。
鈴木さんの手書きによる毛筆タイトルが表紙を飾っております。裏表紙に書かれた文字と合わせると「人生は単なる空騒ぎ 意味など何ひとつない」となり、シェイクスピアの戯曲「マクベス」の台詞になります。

つづきを読む

細田守監督の最新作は『未来のミライ』と発表! 2018年7月20日に公開

未来のミライ本日、細田守監督最新作の製作発表会見があり、タイトルが『未来のミライ』であることがわかりました。
細田監督が原作と脚本も担当しており、4歳の男の子“くんちゃん”と、未来からやってきた妹“ミライちゃん”という不思議な「きょうだい」の物語が描かれることが明かされています。

つづきを読む

「スタジオジブリ・レイアウト展」が福井県立美術館で開幕!

「スタジオジブリ・レイアウト展」福井県立美術館高畑勲・宮崎駿両監督が世に送り出した名作アニメーションの秘密が分かる「スタジオジブリ・レイアウト展」が、福井市文京三丁目の県立美術館で開幕しました。
ジブリ設立前の『アルプスの少女ハイジ』から最新作の『レッドタートル ある島の物語』まで、33作品のレイアウト画をこれまで最多の約1400点展示しています。

つづきを読む

大村知事の今年の漢字は「夢」と発表。「夢とファンタジーのジブリの世界を再現する」

夢大村秀章知事は定例会見で、年末の恒例となっている「今年の漢字」に、「夢」を選んだ。5月にスタジオジブリと大筋合意した愛・地球博記念公園をジブリパークに生まれかわらせる構想に触れ、「夢とファンタジーのジブリの世界を再現する」と意気込みを語りました。大村知事は、2011年の就任以来、漢字一文字を選んでいます。

つづきを読む

CG短編『毛虫のボロ』は作り直しで公開が遅れる!

毛虫のボロ12月10日にTOKYO FMで放送された『鈴木敏夫のジブリ汗まみれ』のなかで、短編作品の『毛虫のボロ』が作り直されていることが明かされました。
『毛虫のボロ』は2017年夏に一旦完成とされたものの、公開されておらず、その理由はこれまで明かされていませんでした。

つづきを読む

福島で「山本二三展」が開幕。大勢のファンで賑わう

「山本二三展」福島県文化センタージブリ作品で美術監督を務めてきた山本二三さんの作品展「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展」が福島市のとうほう・みんなの文化センター(県文化センター)で開幕しました。初日から多くの美術ファンが訪れ、山本さんの世界に浸りました。会期は、来年1月28日まで。

つづきを読む

「熱風」12月号 半藤一利×宮崎駿 対談「夏目漱石『草枕』をめぐって」掲載

「熱風」2017年12月号スタジオジブリが刊行する「熱風」12月号が10日に発行されました。
特集記事は、「夏目漱石『草枕』をめぐって」。10月28日に新宿区立漱石山房記念館の開館記念で行なわれた、半藤一利さんと宮崎駿監督の対談が掲載されています。

つづきを読む



 

© 2018 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑