Page 8 of 277

『パンダコパンダ』のペタペタ焼きが、どんぐり共和国ルクア大阪店で開催!

パンダコパンダ ペタペタ焼きジブリグッズ専門店「どんぐり共和国ルクア大阪店」にて、『パンダコパンダ』のペタペタ焼きイベントが開催されます。
高畑勲・宮崎駿が携わった本作は、公開から46年が経過しており、昨年からテーマ曲のカバーや、再上映など、各種イベントが開催されています。公開50周年へ向けて盛り上がっていくものと思われます。

つづきを読む

米林宏昌監督デザインのステンドグラスがお披露目

米林宏昌ステングラス「蝶たちと戯れる大獅子」米林宏昌監督の故郷、石川県小松市の小松空港に、子ども歌舞伎の様子を描いたステンドグラスが飾られ、除幕式が開かれました。
ステンドグラスは米林監督が手がけた原画を基に作られ、縦約3メートル、横約7メートル。タイトルは「蝶たちと戯れる大獅子」です。

つづきを読む

屋久島で山本二三の制作実演 永田岳を描く

山本二三 屋久島 永田岳屋久島環境文化村センターで、美術監督の山本二三さんによるデモンストレーションが行われました。
山本さんは「天空の城ラピュタ」や「もののけ姫」などのスタジオジブリ作品や「時をかける少女」などの背景画を描いたことで知られる美術監督。中でも特徴的な手法で描く雲は定評があり、ファンの間で「二三雲」と呼ばれる。

つづきを読む

雑誌「旅と鉄道」の人気企画「アニメと鉄道」が、完全保存版の単行本として発売

完全保存版 アニメと鉄道昨年発売された、鉄道・旅行雑誌の「旅と鉄道」2017年増刊12月号において特集された、「アニメと鉄道  鉄道を美しく描くアニメ監督の世界へ」が、『完全保存版 アニメと鉄道』となって書籍化。3月19日から発売されています。
同書では、鉄道シーンを描いたアニメーション作品を紹介。スタジオジブリからは、『おもひでぽろぽろ』が掲載されています。

つづきを読む

韓国で「トトロ」のコピー商品「トロロ」が流通!業者に賠償命令

ジブリ美術館 トトロ韓国の企業が『となりのトトロ』のトトロと類似したキャラクター「トロロ」を作って、ゲームセンターのクレーンゲームなどで販売していたとして、韓国のD社がスタジオジブリに5000万ウォン(約500万円)の損害賠償を払うよう命じられました。近年、クレーンゲームが流行っている韓国では、人気キャラクターのコピー商品が続出しています。

つづきを読む

スタジオジブリのアメカジブランド「GBL」からTシャツが登場!

「GBL」Tシャツスタジオジブリ作品のキャラクターやモチーフをあしらったアメカジウェア「GBL」シリーズの新企画が発表されました。
「GBL」シリーズは、素材やデザインに徹底的に拘り、ファッションを楽しむ大人のジブリファンに向けた新しいブランドです。

つづきを読む

三鷹の森ジブリ美術館、7月・8月チケットを先行販売!

三鷹の森ジブリ美術館毎年入手困難となる夏休みシーズンのジブリ美術館の7月・8月分入場チケットが、先行抽選販売されます。
来場希望者が殺到する夏休みシーズンのチケットが、転売者によって買い占められてしまうため、3年前より申し込み制の選考抽選販売を実施しています。

つづきを読む

「価値の高いブランドランキング」スタジオジブリが2位にランクイン

スタジオジブリ日経BPコンサルティングが3月23日に公表したブランド価値評価調査「ブランド・ジャパン2018」で、消費者が選んだ価値の高いブランドのベスト100に、スタジオジブリが2位にランクインしました。
1位には、前回8位だったGoogleが輝いています。

つづきを読む

「トトロのふるさと基金」がトトロの森48号地を取得

となりのトトロ「トトロのふるさと基金」は、トトロの森48号地を取得したことを発表しました。
同地は、トトロの森15号地の南側に隣接する雑木林。トトロの森1号地に向かう緑地への入り口に当たります。
南に向かって傾斜した地形で、雑木林に孟宗竹が侵入しており、スギやシラカシの高木が生育しています。

つづきを読む

スタジオポノックが短編作品『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』を公開!

ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-スタジオポノックの、新レーベル「ポノック短編劇場」が開設され、8月24日に短編アニメーション映画『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』が公開されることが発表されました。
27日に、都内で会見が行なわれ明かされました。

つづきを読む



 

© 2018 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑