Page 5 of 239

「山本二三展」松本市美術館で開幕。「継続の大事さも見てもらえたら」

日本のアニメーション美術の創造者「山本二三展」ジブリ作品の美術監督として活躍した山本二三さんの作品展が、松本市美術館で開幕しました。
『天空の城ラピュタ』や『火垂るの墓』などの背景画や、スケッチなど、約220点が展示されます。また、今回の作品展に合わせて描いた新作「葉月の松本城」も初披露となりました。

つづきを読む

『メアリと魔女の花』絵コンテ集とジ・アートが発売

メアリと魔女の花 絵コンテ集 ジ・アーt・オブ『メアリと魔女の花』の絵コンテ集と、ジ・アートシリーズのアートブックが、7月27日に同時発売されます。
絵コンテ集とジ・アートは、スタジオジブリ作品ではお馴染みのシリーズでしたが、スタジオポノック作品になっても同じ規格で発売されるようです。

つづきを読む

「アートメント NAGANO 2017」久石譲×高畑勲 トークセッション ジブリ作品の音楽を語る

久石譲 高畑勲長野市芸術館を運営する市文化芸術振興財団の音楽フェスティバル「アートメント NAGANO 2017」は、同館芸術監督の久石譲さんと高畑勲監督によるトークセッションを開催しました。
高畑勲監督・宮崎駿監督の両作品で、久石さんが音楽を手掛けた舞台裏を語りました。

つづきを読む

「スタジオジブリ・レイアウト展」長崎で開幕! 台湾のジブリグッズが特別販売

「スタジオジブリ・レイアウト展」長崎展「高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。スタジオジブリ・レイアウト展」が長崎県美術館で本日開幕しました。
前日の14日には、現地で開場式と内覧会が行なわれ、招待客や関係者ら約200人が来場。トトロやポニョの巨大な絵と一緒に撮影ができる第2会場では、招待された同市内の保育園児ら22人が、トトロの絵の上に寝転び歓声を上げていた。

つづきを読む

『ジ・アート・オブ 思い出のマーニー』紹介

ジ・アート・オブ 思い出のマーニー『思い出のマーニー』のアートブック、「THE ART OF 思い出のマーニー」をご紹介します。
毎回豪華な内容となっている、ジ・アートシリーズ。ジブリ作品では、お馴染みですね。本書においても、インタビューやメイキングから、豊富な背景美術が掲載されていて、映画がどのように作られたか知ることができます。

つづきを読む

「ジブリの大博覧会」大分展、来場者1万人突破!

ジブリの大博覧会大分県立美術館で開催されている特別企画展「ジブリの大博覧会~ナウシカからマーニーまで」の来場者数が、開幕から7日目で、1万人を突破しました。同館の開館以来、最速の記録となっています。1万人目は、大分市在住の3人家族。「小さい頃からジブリ作品を見ている。きょうは1万人目になってびっくり」と喜びました。

つづきを読む

『メアリと魔女の花』が世界155カ国・地域で公開決定!

メアリと魔女の花日本では7月8日に公開された、スタジオポノック第一回長編作品、米林宏昌監督の『メアリと魔女の花』が、世界的な展開が始動することがわかりました。
今後、全世界155カ国・地域での公開が予定されています。

つづきを読む

『思い出のマーニー』ロマンアルバム紹介

『思い出のマーニー』ロマンアルバム米林宏昌監督の長編2作目、『思い出のマーニー』のロマンアルバムをご紹介します。
例によって例のごとく、スタジオジブリ作品を読み解くガイドブックの決定版がロマンアルバムです。
特に、本書は、なかなか濃い内容が掲載されています。

つづきを読む

ニコニコ生放送に、米林宏昌監督が生出演!『思い出のマーニー』を解説

思い出のマーニー ニコニコ生放送スタジオポノック第一回長編作品、米林宏昌監督の最新作『メアリと魔女の花』が公開されたことを記念して、日本テレビの「金曜ロードSHOW!」で「2017 夏はジブリ!」と題して、2週連続でジブリ作品が放送されます。第2弾に登場するのは、米林宏昌監督の『思い出のマーニー』。

つづきを読む

「どんぐり共和国 キャナルシティ博多店」で、パパンダ撮影会&ぺたぺた焼き開催!

『パンダコパンダ』 パパンダといっしょに写真をとろう!高畑勲・宮崎駿の携わった『パンダコパンダ』の公開45周年を記念して、ジブリグッズを販売する「どんぐり共和国 キャナルシティ博多店」に、7月15日(土)にパパンダがやってきます。
さらに、どなたでも参加できる「ぺたぺた焼き」ワークショップが開催されます。一回650円です。

つづきを読む



 

© 2017 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑