Page 212 of 281

鈴木俊夫の『仕事道楽 新版 スタジオジブリの現場』が5月21日発売

鈴木敏夫プロデューサーの著書『仕事道楽』が、新版となって発売されます。
高畑勲の14年ぶりの新作、宮崎駿の「引退宣言」を経て、世界のジブリ・プロデューサーが今、語ることとは? 『風の谷のナウシカ』から30年、増補を加えた決定版です。

つづきを読む

香港文化博物館で「スタジオジブリ・レイアウト展」開催

5月14日から香港文化博物館で、「スタジオジブリ・レイアウト展」が開催されます。
スタジオジブリと三鷹の森ジブリ美術館の協力のもと、康楽及文化事務署(LCSD)が主催するもの。LCSDは日本側との話し合いなど開催の準備に2~3年を費やしたという。展示されるのは『風の谷のナウシカ』や『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』といった初期の作品から近年の『風立ちぬ』までの絵コンテや手書きの原画など1300枚余り。

つづきを読む

『風立ちぬ』原画展 「東京ソラマチ」で6月25日開催!

『風たちぬ』のDVDとブルーレイの発売を記念して、「『風たちぬ』原画展」が東京ソラマチで開催されます。
政策初期段階に宮崎駿監督によって描かれたイメージボードをはじめ、キャラクター設定や背景画、美術監督による美術ボードなど見ごたえある原画100点以上をそろえ、その他資料も交えて、『風立ちぬ』の映像が作られた秘密に迫ります。

つづきを読む

「宮沢賢治ワールドin苫小牧2014」で高畑勲監督が講演

宮沢賢治(1896~1933年)が1924年(大正13年)5月に苫小牧を訪れ、今年で90周年となることを記念したイベント「宮沢賢治ワールドin苫小牧2014」が今月から6月下旬にかけ苫小牧市内各地で開かれる。ジブリから高畑勲監督の講演など多数の催しが予定されています。

つづきを読む

【イベント】クロスケの家で箸づくり!

「トトロのふるさと基金」主催で、トトロの森を歩いた後、クロスケの家で木を削って箸づくりをするイベントが開催されます。削りくずは芳香剤や入浴剤として使えるため、お持ち自由とのこと。
親子でも参加できる、木に親しみ学ぶ木育イベントのようです。

つづきを読む

エンターテインメント・ウィークリー誌が選ぶ宮崎駿の創造物ベスト16

米エンターテインメント・ウィークリー誌が、「宮崎駿の創造物ベスト16(Hayao Miyazaki’s 16 Best Creations)」と題した特集記事を掲載しました。

長編アニメーション作品からの引退を表明した宮崎監督の『風立ちぬ』の全米公開を記念し、これまでの監督作品に登場したキャラクターなどをランキング形式で掲載しています。

つづきを読む

宮崎駿と高畑勲が語る「お互いの作品で一番好きなアニメ」

昨年、長編アニメーション映画の舞台から「引退」を宣言した宮崎監督に対して、自身の作品の記者発表で宮崎監督の引退について「宮さんが引退撤回しても驚かないでください」とコメントした高畑監督。長年、アニメ界を牽引し、東映動画時代の先輩・後輩でもあるこのふたり。 
両監督に、彼らを支え続けた鈴木敏夫プロデューサーを加えた鼎談が、高畑勲著『映画を作りながら考えたこと 「ホルス」から「ゴーシュ」まで』に収録されています。

つづきを読む

『かぐや姫の物語』、6月4日韓国で公開

高畑勲監督の『かぐや姫の物語』が、韓国で6月4日に公開されます。30日、映画の輸入元テウォンメディアは、『かぐや姫の物語』の封切りを6月4日と告知して、公式ポスターが公開されました。

つづきを読む

『思い出のマーニー』の世界を体験できる巨大空間アート、思い出のマーニー×種田陽平展

最新作『思い出のマーニー』の世界を表現する『思い出のマーニー×種田陽平展』が、7月27日から東京・両国の江戸東京博物館で開催される。
杏奈の声を高月彩良、マーニーの声を有村架純が演じるほか、美術監督を種田陽平が務める。種田は、岩井俊二、三谷幸喜、クェンティン・タランティーノらの作品をこれまでに手掛けているが、アニメーション映画の美術監督を担当するのは同作が初となる。

つづきを読む

『ルパン三世 カリオストロの城』デジタルリマスター版 予告映像公開!

5月9日より全国公開される、『ルパン三世 カリオストロの城』デジタルリマスター版の予告編映像が公開されました。
同作は1979年に公開されたオリジナル版を、3年かけてデジタルリマスター化されています。

つづきを読む



 

© 2018 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑