うどんや大門東京の中野ブロードウェイ 地下1階にある「うどんや大門」に行ってきました。
もう何度も行っているんですけど、記事にするのは今回が初めてです。「うどんや大門」とは何なのかと申しますと、以前スタジオジブリに勤めていた方が、2017年にオープンしたうどん屋さんです。



ジブリ作品やポノック作品に携わっていた縁もあって、「うどんや大門」の看板の文字は、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが書いています。
さらには、宮崎駿監督や宮崎吾朗監督、山下明彦さんから贈られたイラストも並んでいます。いわゆる、ジブリスポット的な存在のお店となっています。

うどんや大門

コシのある讃岐うどんで、毎日粉からこねる手打ちで作られています。メニューは「かけうどん」「しょうゆうどん」「ぶっかけうどん」「釜揚げうどん」などなど。トッピングメニューや天ぷらメニューも豊富にそろっています。

うどんや大門

この日は、しょうゆうどんに、半熟タマゴ、ゲソ天、揚げもちを食べてきました。
大門さんは、コシのあるうどんが絶品なのはもちろんのこと、天ぷらもメチャクチャ美味いんですよね~

これだけ食べても、1000円未満で済んでしまうリーズナブルなところも魅力です。

うどんや大門

ご主人は、2006年に公開された香川県を舞台とした映画『UDON』の製作スタッフとして参加していたこともあって、香川県に滞在経験もあり、そのときに香川の食文化に魅せられて、「映画の仕事を辞めることがあれば、うどん屋を開こうと考えていた」と言います。

実際に映画の仕事を辞めてからは、香川県に移り住み、讃岐うどんの人気店「うどん一福」で修業を重ねたそうです。同店が東京・神田に出店した際は、オープン時から副店長を務めたのだとか。

そして満を持して2017年11月20日に中野ブロードウェイに「うどんや大門」をオープン。

うどんや大門

席数は、カウンターのみ8席となっています。
営業時間は11時から18時ですが、人気店なのでお昼過ぎには品切れになっていることも多々見かけます。

皆さん、食べに行くときはお早めに!

うどんや大門
営業時間:11:00~18:00
場所:中野ブロードウェイ 地下1階
休み:水曜


ジブリ情報配信中



関連記事