Category: ジブリ話 (page 1 of 60)

ジブリ作品の実写化リスト

ジブリ作品 実写

記事タイトルに偽りありですけども、実はジブリ作品が実写化されたことは一回もありません。

ジブリ作品と同名タイトルの実写作品が制作されると、ジブリ作品の実写化が行なわれたように受け取られることが多々ありますが、それらすべてはジブリ作品を原作にしていません。

つづきを読む

チケットなしで買えるジブリ美術館の屋台がオープン

ジブリ美術館 ドングリカステラ 屋台

ジブリ美術館では現在、土・日・祝日限定で、チケットが無くてもグッズが買える屋台が出店されています。
美術館のカフェデッキにテントが設置され、入場することなく公園側から直接購入することができます。

つづきを読む

買って良かったジブリグッズ10選! Part3

買って良かったジブリグッズ

「買って良かったジブリグッズ10選」Part3をお届けします。
これまでに、2回もご紹介しているわけですが、前回から1年も経ってしまいました。

つづきを読む

三鷹の森ジブリ美術館の短編作品まとめ

ジブリ美術館 短編作品

三鷹の森ジブリ美術館で上映されている短編作品は、現在のところ10本あります。
どの作品も、15分程度の短いものですが、実験的試みであったり、短編だからこそ描けるような作品ばかりです。

つづきを読む

スタジオジブリ出身のアニメーション演出家

スタジオジブリ

現在、スタジオジブリは宮崎駿監督の新作『君たちはどう生きるか』を制作していて、その次の企画も決定していますが、さらにその後となると、アニメーションを作り続けるのかどうか、不透明な状態にあります。

宮崎吾朗監督の話によると、ジブリパーク開業の理由もスタジオジブリ作品が消えないようにするため、という旨の事を言っていたので、もしかしたら今後のスタジオジブリはアニメーション制作を辞めてしまう可能性もあります。

つづきを読む

宮崎駿作品の「の」の法則

「の」の法則

宮崎駿作品の「“の”の法則」というものがあります。

それは、宮崎監督作品のタイトルには、「の」の字が入っていることが多く、これがヒットの秘訣であるというものです。

つづきを読む

ジブリファンは観ておきたい『鹿の王 ユナと約束の旅』

鹿の王 ユナと約束の旅

現在、安藤雅司監督のデビュー作『鹿の王 ユナと約束の旅』が劇場公開されています。

本作は、上橋菜穂子さんの同名小説が原作で、制作スタジオはProduction I.Gということで、スタジオジブリとは何の関係もないのですが、制作に携わっている方がジブリと縁の深い方ばかりです。

つづきを読む

『千と千尋の神隠し』がベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞

ベルリン国際映画祭 金熊賞

宮崎駿監督作品『千と千尋の神隠し』は、2002年2月17日に第52回ベルリン国際映画祭で、最高賞の「金熊賞(Goldener Bär)」を受賞しました。
「金熊賞」という名は、熊がベルリン市の紋章であることにちなんでいて、同映画祭の最高賞であり作品賞にあたります。

つづきを読む

スタジオジブリを支えた展覧会

スタジオジブリ 展覧会

現在では、スタジオジブリ関連の展覧会は常に何かしら開催されていて、珍しいことではありませんが、以前はここまで頻繁に開催されていませんでした。

つづきを読む

押井守作品の常連俳優・鈴木敏夫の出演作まとめ

立喰師列伝 鈴木敏夫

宮崎駿監督のライバルとも称される押井守監督ですが、元々ふたりは若手時代からの友人であり、海外のロケハンも一緒に行くほど仲の良い関係。鈴木敏夫さんに至ってはアニメージュ編集時代に、押井さんの自宅に押し掛け、山盛りミカンを食べながら、夜通し議論をしたというエピソードもあります。

押井守監督と鈴木さんが初タッグを組んだのが『天使のたまご』で、『イノセンス』では鈴木さんが宣伝プロデューサーを担当していますし、『ガルムウォーズ』日本語版のプロデューサーを務めたのも鈴木さんです。

つづきを読む

前の記事へ
 

© 2022 スタジオジブリ 非公式ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑