Page 7 of 266

スタジオジブリの年賀状 2018年

スタジオジブリの年賀状毎年恒例のスタジオジブリの年賀状がアップされています。
今年は戌年ですので、ワンちゃんがソリを引いたイラストとなっております。
イラストは、たまに吉田昇さんが描いたりもしていますが、今年は宮崎駿監督のイラストですね。

つづきを読む

『レッドタートル ある島の物語』完成報告会見

鈴木敏夫 マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットスタジオジブリで、初めて長編制作に挑んだマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督。8年の歳月を経て完成させたのが『レッドタートルある島の物語』です。
2016年に行なわれた完成報告会見には、マイケル監督と共に、鈴木敏夫プロデューサーも登壇しました。

つづきを読む

宮崎吾朗監督がラジオ「渡 梓 雨あがりの交差点」に出演

渡 梓 雨あがりの交差点年明け早々、1月1日・8日・15日に、宮崎吾朗監督がFM Fujiのラジオ「渡 梓 雨あがりの交差点」に出演します。
シンガーソングライターの渡梓さんの番組で、3週にわたって放送されます。
山梨県を放送対象地域としていますが、地域外の方も「radiko」で聞くことができます。

つづきを読む

鈴木敏夫が語る『レッドタートル ある島の物語』

鈴木敏夫 渡辺真理『レッドタートル ある島の物語』の公開に先駆けて、鈴木敏夫プロデューサーによる講演会付きの試写会が、2016年に行われました。本作は、高畑勲監督もアーティスティック・プロデューサーとして参加しており、初の海外共同制作でつくりあげたスタジオジブリの最新作として公開され、第69回カンヌ国際映画祭では「ある視点」部門で特別賞を受賞しました。

つづきを読む

あべのハルカス美術館「ジブリの立体建造物展」来館者数10万人突破

ジブリの立体建造物展あべのハルカス美術館で開催されている「ジブリの立体建造物展」の来館者数が10万人を突破しました。
10万人目の来場者となったのは、北九州市から家族できた9歳の女の子。セレモニーでは、同館の館長が、同展の図録とオリジナルグッズを進呈しました。

つづきを読む

「山本二三展」年内は30日で終了。1月2日・3日は「二三デー」

「山本二三展」福島県文化センター福島市のとうほう・みんなの文化センターで開催している「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展」は、年内の観覧が30日までで終了となります。年明けは1月2日から再開されます。
福島民報社が創刊125周年記念事業として主催しており、2018年1月28日まで開催。『天空の城ラピュタ』や『もののけ姫』などスタジオジブリ作品の背景画や風景画など、約220点を展示しています。

つづきを読む

『レッドタートル ある島の物語』マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督のインタビュー

マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット2016年に公開された、スタジオジブリの最新作『レッドタートル ある島の物語』。アカデミー賞短編アニメ賞など、世界各国の映画賞を受賞した経験をもつマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督を迎えて製作された長編アニメーション。ジブリ作品としては、初めて外国人監督を起用して作られました。

つづきを読む

ジブリ美術館 限定販売! ノリタケ×スタジオジブリ「12ヶ月マグカップ」

ノリタケ×スタジオジブリ「12ヶ月マグカップ」ジブリ美術館に行くたびに、少しずつジブリグッズを買ってきているんですけども、今回はノリタケ×ジブリの食器シリーズ「12ヶ月マグカップ」を買ってきました。
美術館だけで販売されているという付加価値もさることながら、美術館グッズはどれも魅力的なものばかりです。

つづきを読む

「最も悲しい21世紀の映画20本」に、高畑勲の『かぐや姫の物語』が選出

かぐや姫の物語アメリカの映画情報サイト「IndieWire」が、「最も悲しい21世紀の映画20本」を発表しました。
スタジオジブリ作品からは、高畑勲監督の『かぐや姫の物語』が選出されています。
同サイトでは「目利きのシネフィルたちはときに良質な涙を求めている」と述べ、悲しい映画20本をセレクトしています。

つづきを読む

年末年始はスタジオジブリの関連番組で盛りだくさん

スタジオジブリ関連番組12月30日に、NHKのBSで二つのスタジオジブリ関連のスペシャル番組が再放送されます。
まずは、BS1の朝7時から、宮崎駿監督を追ったドキュメンタリー『終わらない人 宮崎駿』の70分版が再放送。続いて、同日の午後6時からは、BSプレミアで『久石譲 in パリ』のコンサートが再放送されます。

つづきを読む



 

© 2018 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑