Page 246 of 249

ブルーレイ版「天空の城ラピュタ」と「ホーホケキョとなりの山田くん」の発売日

「天空の城ラピュタ」と「ホーホケキョ となりの山田くん」のブルーレイディスクの発売が発表されました。
ナウシカもそうですけども、ブルーレイ版はパッケージのセンスが良いですね。シンプルで好きです。
こうなると、ポニョのパッケージだけ浮くんじゃないかと思うんですが……。

ブルーレイ版「天空の城ラピュタ」と「ホーホケキョ となりの山田くん」

 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンは、スタジオジブリのアニメ「天空の城ラピュタ」と「ホーホケキョ となりの山田くん」を12月22日にBlu-rayビデオ化する。どちらも1種類のみで、価格は各7,140円。

 どちらのBD版も、制作は「ポニョ」や「ナウシカ」と同じ、ジブリの奥井敦映像部部長と、パナソニックハリウッド研究所の柏木吉一郎所次長が手がけている。

 「ラピュタ」は、日本語以外にも、フランス語やドイツ語、中国語など、映画が公開された多くの国々の言語を収録。さらに、特典映像として、北米版本編を収録。米国公開にあたり、久石譲氏が新たに音楽を手直ししたものに新曲も交えたもので、英語音声・日本語字幕となる。

 さらに、本編映像とのPinP(子画面表示)で同期再生が可能な絵コンテ、アフレコ台本、ノンテロップのオープニング/エンディング映像、劇場予告編、テレビスポット、プロモーションビデオも収録する。

 「となりの山田くん」にも、英語やドイツ語、中国語など、多くの言語を収録。特典映像として、日本テレビで放送されたメイキング特番(約45分)も収めている。さらに、絵コンテ、アフレコ台本、劇場予告編、テレビスポット、プロモーションビデオも収録する。

 
 
先輩後輩

 高畑勲と宮崎駿の関係は1963年まで遡る。ふたりは、ある時期まで共同事業者だった。その出会いは東映動画。高畑が27歳、宮崎が22歳だった。作品は、「太陽の王子ホルスの大冒険」。高畑が監督で、この作品が長編のデビュー作。入社したばかりの宮崎が絵を描きまくった。

 その後、ふたりは目的を同じくしてテレビシリーズ「アルプスの少女ハイジ」、「母をたずねて三千里」、「赤毛のアン」などを手がけるが、高畑が演出で宮崎が絵を担当した作品は「赤毛のアン」が最後になった。

 そして、時を経て、ジブリを拠点に、それぞれが監督として別々のテーマで作品を作るようになる。その記念碑的作品が、「となりのトトロ」と「火垂るの墓」。平凡な普通の人の喜怒哀楽を描くのが高畑。一方、宮崎は少年少女を主人公にした冒険活劇ファンタジーが得意だった。

 今回、ブルーレイディスクでリリースされる両作品、それぞれの持ち味をいかんなく発揮した代表作のひとつと言えよう。

 ちなみに、ふたりの関係は、先輩後輩、友人、あるいはライバルとして、2010年の今日まで、およそ47年間、続いている。

スタジオジブリ 鈴木敏夫プロデューサー

ジブリジェネレーター

ジブリっぽいタイトルをランダムで生成するジェネレーター。

http://ghibli.se1ken.com/

くだらなくて面白いです。

片渕須直のコラム

WEBアニメスタイルにて連載中の、片渕須直さんのコラムが面白いです。

片渕須直さんってのは、元々「魔女の宅急便」の監督をする予定だった人。
思わぬ理由から監督を降板させられ、演出補にまわるのですが、その当時の裏話などがコラムによって綴られています。
http://www.style.fm/as/05_column/katabuchi/katabuchi_047.shtml

「赤毛のアン」DVDとブルーレイが11月に発売

「赤毛のアン~グリーンゲーブルズへの道~」が11月17日にDVDとブルーレイディスク(BD)で発売されます。
特典映像には、カナダ大使館で行なわれた高畑さんのトークショーの様子を収録。DVDは3990円、BDは4935円で発売。

 1979年にフジテレビ系「世界名作劇場」で放映されたシリーズのうち、1話から6話までを演出の高畑勲さんが再編集した作品。画面構成を宮崎駿さん、作画監督を近藤喜文さん、美術監督を井岡雅宏さんが務めるなど、のちに日本のアニメ界を代表するスタッフが参加ししている。

ニノ国のCMが早くも話題

ニノ国のCMが放送されて、早くも問い合わせが殺到しているそうです。
9月16日~19日には幕張メッセで開催される、東京ゲームショウ2010のレベルファイブブースで、いち早くニノ国を体験できるそうなので、興味のある方は是非いきましょう!

東京ゲームショウ2010
http://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2010/

DS版 二ノ国 漆黒の魔導士

PS3版 二ノ国 白き聖灰の女王

トトロの住む家こと「Aさんの庭」 ~宮崎駿がデザインした公園~

阿佐ヶ谷にある、「トトロの住む家」の跡地、「Aさんの庭」という公園を見てきました。
この公園って、数年前までは公園ではなくって、昭和初期に建てられた木造平屋の洋風住宅があった場所なんです。
茂った庭木に埋もれて、ひっそりとしたたたずまいを、宮崎駿監督は、著書の「トトロの住む家」で、「トトロが喜んで住みそうな懐かしい家」として紹介しておりました。
当時としては、非常にモダンでおしゃれな家だったようです。「となりのトトロ」のさつきとメイの家は、この家からインスピレーションを得ていたのだと思います。
しかし、その家は、2009年2月14日に放火によって焼失。その後、火災を知った宮崎駿監督が、杉並区へ公園のデザイン提案を申し出たとこから、今年の7月に公園としてオープンされました。

トトロの住む家(Aさんの庭)
つづきを読む

ジブリの世界が広がるゲーム 二ノ国

既にテレビCMも行われているように、「ニノ国」の発売日が発表されました。
ニンテンドーDS版(12月9日発売予定と)プレイステーション3版(2011年発売予定)。
自らが主人公になって、あのジブリの世界を自由に動き回ることができます。

二ノ国

再現された幻想的でヨーロッパ調の町並みは、『天空の城ラピュタ』(86)や『ハウルの動く城』(04)、『ゲド戦記』(06)に近く、果てしなく広がる緑や自然は、これぞジブリといった感じだ。また、素直で機械いじりが好きな主人公の少年オリバーは『天空の城ラピュタ』のパズーに似ていて、何事にも積極的で物怖じしないヒロイン・マルは『魔女の宅急便』(89)のキキのよう。不思議なキャラクター、ナミダの妖精シズクは『となりのトトロ』(88)の小トトロや、『もののけ姫』(97)のコダマ、『崖の上のポニョ』(08)のポニョを彷彿とさせる。つまり、本作は今までのジブリ作品の要素が満載なのだ。

■「二ノ国 漆黒の魔導士」(ニンテンドーDS)
12月9日(木)発売予定
価格:6800円※魔法指南書「マジックマスター」同梱

■「二ノ国 白き聖灰の女王」(プレイステーション3)
2011年発売予定
価格:未定

デジハリにて「借りぐらしのアリエッティ」のCGメイキングセミナー開催

9月18日、デジハリにて映画『借りぐらしのアリエッティ』CGメイキングセミナーやります。
ジブリのクリエーターによる講演です。予約どうぞ!
費用無料。要予約。定員80名です。

http://school.dhw.co.jp/e/karigurashi/

ジブリの音楽をロックにアレンジしたアルバムが発売

ジブリとロックを融合させたコンピレーション・アルバム『ジブリロック』が8月25日に全国CD店にて発売されました。
ジブリのカヴァー曲はこれまでボサノバが多かったように思いますけども、ついにロックにまでなってしまいましたか。

ghiblirock

収録曲は以下のとおり。

1.さんぽ [となりのトトロ]/ザ・トロフィーズ
2.いつも何度でも [千と千尋の神隠し]/ブルボンズ
3.ナウシカ・レクイエム & 風の谷のナウシカ [風の谷のナウシカ]/Yellow Studs
4.君をのせて [天空の城ラピュタ]/THE★裏ワザ
5.ルージュの伝言 [魔女の宅急便]/ANARCHY STONE
6.もののけ姫 [もののけ姫]/中ノ森文子 (ex. 中ノ森BAND)
7.風になる [猫の恩返し]/Jack in the Box
8.やさしさに包まれたなら [魔女の宅急便]/立川俊之【大事MANブラザーズオーケストラ】
9.カントリー・ロード [耳をすませば]/ブルボンズ

ジブリロック
2010年8月25日発売
FARM-0238 2,200円(税込)

アメリカで『紅の豚』続編を企画中とニュース 「Cut」9月号を誤訳

なかなか面白そうなインタビュー記事ですね。
ちょいと、Cutを買ってこないといけませんね。

 映画批評・インタビュー雑誌「Cut」9月号に、現在公開中の映画『借りぐらしのアリエッティ』で、企画・脚本を手掛けた宮崎駿の2万字にも及ぶインタビューが掲載された。これを情報源として、アメリカではインターネットサイトComing Soon.netなど複数のメディアが「宮崎、『紅の豚』の続編を企画中」などの記事を出し、話題となっているが、これは米メディアの誤訳? 宮崎は、「『ポルコ・ロッソ 最後の出撃』かなんかをフッて作れたら、幸せなんですけどね。それはもう道楽ですから」と「Cut」誌のインタビューに答えている。

 「ポルコ・ロッソ」は、映画『紅の豚』の主人公の通称であり、同作の英題。確かに、宮崎は同インタビューの中で、『紅の豚』の続編、『ポルコ・ロッソ 最後の出撃』の構想を語っているが、「『やっぱだめだな』と思ったんですよ(笑)。それはやっぱり道楽だって」と本気で作る気ではない様子。新作の構想については、「今から準備に入ってるやつは、もっと前を見てる少年像を描こうと思ってます。まだどうなるかわかんないけど。でもやっぱり主人公は女の子ですけど」「今は(宮崎)吾朗も準備に入ってます」と語っており、スタジオジブリ最新作は、『紅の豚』の続編ではなく、こちらが進んでいるようだ。



 

© 2017 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑