Page 209 of 254

ローソン、どんぐり共和国・どんぐりガーデンで『かぐや姫の物語』限定グッズ付き前売り券 販売

ローソン及び、どんぐり共和国・どんぐりガーデンにて、『かぐや姫の物語』の限定グッズ付き前売り券が販売されます。
ローソンでは10月10日から予約受付を開始。どんぐり共和国・どんぐりガーデンでは10月15日より開始されます。
ローソンではグッズ単品での購入も可能となっており、『かぐや姫の物語』公開記念のシリアルナンバー付き懐中時計も販売されます。

つづきを読む

高畑勲監督の『かぐや姫の物語』がノベライズ版で発売!

高畑勲監督の『かぐや姫の物語』が、小説化されます。

なぜかぐや姫はこの地へ来たのか、そしてなぜ月へ帰らなければならなかったのか――。高畑勲監督の映画『かぐや姫の物語』の壮大なストーリーを高畑監督とともに脚本を担当した坂口理子が渾身のノベライズ!

映画公開前の、10月25日に発売されますが、読むのは映画を観てからのほうが良いのかな?

つづきを読む

作品の奥深い世界をわかりやすく論じる、ジブリの教科書4『火垂るの墓』発売!

文春ジブリ文庫より、本日「ジブリの教科書 火垂るの墓」が発売されました。
あさのあつこ、石田衣良、内田樹、川上弘美、佐藤優、立花隆、万城目学、森絵都、夢枕獏、綿矢りさなど、豪華執筆人が、作品の奥深い世界をわかりやすく論じます。
高畑勲と宮崎駿のインタビューや、アニメーション制作にかかわったスタッフの制作秘話なども満載の一冊です。

つづきを読む

高畑勲が関わった主な仕事 28作品

『かぐや姫の物語』の公開が迫ってきましたが、高畑勲監督は今回の作品を最後に引退するのではないかと噂されています。宮崎駿監督の師匠であり先輩として、豪腕を振るってきたことは有名ですが、これまでに、どのような作品に係わってきたのか、あまり知られていないのでリストアップしてみました。
日本が、長編のアニメーション映画を作るようになった初期段階から参加していた、重鎮のお仕事です。

つづきを読む

『キネマ旬報セレクション 高畑勲「太陽の王子 ホルスの大冒険」から「かぐや姫の物語」まで』11月16日発売

キネマ旬報社より、高畑勲監督を特集した『キネマ旬報セレクション 高畑勲「太陽の王子 ホルスの大冒険」から「かぐや姫の物語」まで』が、11月16日に発売されます。
「ホーホケキョ となりの山田くん」以来14年ぶりの監督作となる「かぐや姫の物語」が公開される高畑勲。
映画ファン待望の新作公開に合わせ、その作品と監督の魅力にせまる最新特集とともに、長編監督デビュー作「太陽の王子 ホルスの大冒険」から今日に至る高畑勲作品の足跡を、これまでの『キネマ旬報』やムック・増刊等に掲載された関連記事によって辿ります。

つづきを読む

久石譲コンサート『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』の楽曲も披露!

ジブリの映画音楽でお馴染みの久石譲さんのコンサートが12月13日、東京「NHKホール」で開催されます。
同コンサートで、人生初の「第九」を指揮することで話題となっています。さらには、“2013年を総括”ということで、『風立ちぬ』の音楽も、あの世界観に忠実に、バラライカ、バヤン、ギターを使ってアレンジした『風立ちぬ』組曲も披露。高畑勲監督の『かぐや姫の物語』の音楽も演奏予定とのこと。

つづきを読む

「第19回ギャラリィ展示『セロ弾きのゴーシュ』の物語展」開催

1982年に制作された高畑勲監督の『セロ弾きのゴーシュ』の貴重な資料を展示する、「第19回ギャラリィ展示『セロ弾きのゴーシュ』の物語 展」が開催されます。
椋尾篁さんの背景、セル画、生絵コンテ、企画段階のイメージボードなどを公開します。

つづきを読む

『風立ちぬ』で堀越二郎がかけていた丸眼鏡が大人気!

「三鷹の森 ジブリ美術館」で販売している、「二郎の丸眼鏡」が人気のようです。眼鏡の作成を手がけたのは、眼鏡企画会社「NOVA」。ジブリから提案があり、デザイナーの方が『風立ちぬ』の絵コンテを見ながら再現したのだとか。
映画と同様に昭和初期の使われていた、セルロイド製のフレームを使用。目と目の間が若干広い形状も映画と同じ。堀越二郎気分になれる一品です。
つづきを読む

「特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」新潟県立近代美術館で開催

庵野秀明監督が企画した展覧会「特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」が11月8日から新潟県長岡市の県立近代美術館で開催されます。

9月25日には同館で庵野秀明さんが記者会見を開き、「実際に撮影している雰囲気と面白さが伝わるように考えて展示する。特撮を文化として保存する機運を高めていきたい」と抱負を語った。

つづきを読む

「三鷹の森フェスティバル2013」10月6日に開催

10月6日(日)井の頭公園にて、「三鷹の森フェスティバル2013」が開催されます。
三鷹の森ジブリ美術館の誕生を記念して、2001年から始まった同フェスティバルは、毎年注目の若手ミュージシャンを招いて、無料ミニライブが行われます。
今年は三鷹市の姉妹・友好市町村の物産販売に加えて、三鷹の森自然かんさつ会の活動や、ひつじのショーンもやってきます。

つづきを読む



 

© 2017 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑