ジブリの大博覧会 王蟲の世界盛岡の岩手県立美術館で2月16日まで開催されている「ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~」の来場者が、30万人を突破しました。
東日本で初めて展示した『風の谷のナウシカ』の「王蟲の世界」や、絵コンテなど3000点以上の資料が好評となっています。会場では30万人突破のセレモニーが行なわれました。



オープン前には約300人が列をなし、そんな中ら青森県から来た家族が記念すべき30万人目となりました。
家族そろってトトロが好きだといい、岩手県教育委員会の教育次長から会場限定グッズが贈られ喜びました。

本展は2015年に愛知県で開催され、国内外を巡回。この盛岡が最後の展示となり、16日まで開かれています。

「ジブリの大博覧会~ナウシカからマーニーまで~」
日程:2019年11月30日(土)~2020年2月16日(日)
時間:9:30~18:00
場所:岩手県立美術館
休館:月曜、2月10日は開館
料金:一般1500円、高校生・学生900円、小中学生500円

「ジブリの大博覧会」限定 バルス Tシャツ
Mサイズ

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事