Page 11 of 297

「ジブリの思い出がいっぱい オーケストラによるドリームコンサート」と『となりのトトロ』の上映 8月23日開催!

ジブリの思い出がいっぱい オーケストラによるドリームコンサート宮崎県立美術館で開催されている「スタジオジブリ・レイアウト展」の関連イベントで、「ジブリの思い出がいっぱい オーケストラによるドリームコンサート」が、8月23日に14時から同市のメディキット県民文化センター・アイザックスターンホールで開かれます。

つづきを読む

音楽特番「ジブリのうた」が8月9日放送! 久石譲・二階堂和美らが出演

ジブリのうた8月9日(木)にジブリの魅力が満載の特別番組「ジブリのうた」がNHKで放送されます。
案内役は、俳優の神木隆之介が務めます。今回の番組では、高畑監督と宮崎駿監督が創り上げたスタジオジブリ作品にスポットをあて、音楽を主役にした内容で紹介されます。

つづきを読む

鈴木敏夫が書いた初小説『南の国のカンヤダ』が発売

南の国のカンヤダスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーによる初のノンフィクション小説『南の国のカンヤダ』が、8月3日に発売されました。
鈴木さんが、ひょんなことから知り合ったタイ王国の田舎町・パクトンチャイで大家族と暮らす若きシングルマザー・カンヤダの物語です。

つづきを読む

『耳をすませば』で活躍した井上直久の絵画展「〜イバラードの旅〜」が 高知大丸で開催!

井上直久 イバラードスタジオジブリの近藤喜文監督作品『耳をすませば』で背景画を担当した、画家の井上直久さんの絵画展が高知市の高知大丸で開催されています。
期間中は毎日、午後から井上さんが来場し、ライブペインティングなどを行います。

つづきを読む

文春ジブリ文庫『ジブリの教科書19 かぐや姫の物語』が発売!

ジブリの教科書19『かぐや姫の物語』文藝春秋から発売されている、ジブリの教科書シリーズから、第19巻『かぐや姫の物語』が8月3日に発売されました。
同シリーズは、著名人をはじめ、主要スタッフのインタビューや作品解説を掲載した、作品解説本。本書では、壇蜜さんをナビゲーターに、本作のプロデューサーを務めた西村義明さんと、プロデューサー見習いの川上量生さんの対談を収録。

つづきを読む

「ロサンゼルスアニメ映画祭2018」でスタジオジブリの高畑勲作品をすべて上映

高畑勲のジブリ作品日本のアニメ映画を上映する「ロサンゼルスアニメ映画祭2018」が、アメリカ・ロサンゼルスにて、9月21日から23日にかけて開催されます。
今年で2回目の開催となる同映画祭。新作から旧作まで、全20作品以上がロサンゼルスの映画館で上映されることになります。

つづきを読む

「もりやすじ童画展」で小田部羊一×なみきたかしトークショーを開催

森康二 童画東京・吉祥寺の古本屋「一日」で、8月1日から開催されている「もりやすじ童画展 もぐらのノート」において、小田部羊一さんと、なみきたかしによる対談が11日に行なわれます。
「もりやすじさんを逐って〜アニメーター・編集者として」題して、アニメーションの神と呼ばれた森康二さんについて語ります。

つづきを読む

どんぐり共和国限定!スタジオジブリ2019年カレンダー「大きなカレンダー みんなの草壁家」などが発売

スタジオジブリ カレンダー 2019年 となりのトトロ2018年9月下旬より、スタジオジブリグッズから新たなジオラマ・フィギュア風のカレンダー、「2019年 となりのトトロ 大きなカレンダー みんなの草壁家」などが、全国のどんぐり共和国とオンラインショップそらのうえ店限定で販売開始されます。ひとつひとつ手塗りで彩色されており、手作りの繊細さもあって置物としても見ごたえがあります。

つづきを読む

三鷹の森ジブリ美術館で正社員募集のお知らせ

三鷹の森ジブリ美術館三鷹の森ジブリ美術館で、正社員スタッフの募集をしています。
募集職種は、美術館運営業務全般で若干名の募集となります。ジブリ美術館で働く大きなチャンスです。ジブリファンの皆さま如何でしょう。募集内容の詳細につきましては、「三鷹の森ジブリ美術館」公式サイトをご覧ください。

つづきを読む

熊本県立美術館「山本二三展」実演で 二三雲を描きファン魅了

山本二三 デモンストレーションスタジオジブリで活躍した美術監督・背景画家の山本二三さんが、現在作品展を開催中の熊本県立美術館で、背景画制作の実演を行ないました。
夕方の積乱雲をテーマに、『天空の城ラピュタ』のワンシーンを再現し、来場者を魅了しました。

つづきを読む



 

© 2018 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑