Page 11 of 215

新海誠監督作品『君の名は。』展が、松屋銀座で開催!

君の名は。新海誠監督の『君の名は。』展示会が3月8日より、松屋銀座にて開催されます。
新海監督によるビデオコンテや、作画監督の安藤雅司さんによるキャラクター設定表、劇中場面を再現した糸守の風景の展示など、約280点の貴重な制作資料を展示します

つづきを読む

『千と千尋の神隠し』グッズから屋台シリーズの中華食器が発売!

千と千尋の神隠し 屋台シリーズスタジオジブリグッズを販売するベネリックから、「千と千尋の神隠し 屋台シリーズ ラーメン丼」が発売されました。
同作に登場する「食べもの屋」をイメージした中華食器シリーズで、ハク竜を中心に食事中のカオナシや宴会中のオオトリ様、包丁を持ったおなま様がデザインされています。

つづきを読む

天野喜孝が描いた『天使のたまご 少女季 2017 ver.』が発売

天使のたまご 少女季 [2017 ver.]押井守監督作品の『天使のたまご』で、キャラクターデザインと美術設定を務めた天野喜孝さんが、スピンオフ的な作品として描いた、オールカラーの絵本「天使のたまご 少女季」が、2月16日に復刊されます。
巻末には、天野喜孝さんによる新規コメントを収録した特別仕様で復活となります。

つづきを読む

『もののけ姫』公開20周年記念上映 アメリカで開催!『On Your Mark』も併映

もののけ姫 On Your Mark宮崎駿監督の『もののけ姫』が公開から20周年を迎えたことを記念して、上映イベントがアメリカの映画館で開催されます。
アメリカでは、「Princess Mononoke」の英題で公開されており、親しまれています。1月5日には英語字幕版で、9日には英語吹替版で上映されます。

つづきを読む

『この世界の片隅に』興行収入10億円突破!

この世界の片隅に片渕須直監督の『この世界の片隅に』の興行収入が、10億円を突破したことがわかりました。
観客動員数は75万人を突破。昨年11月12日の公開当初は63館という小規模公開ながら、上映劇場を拡大していき、累計200館での上映を予定しています。

つづきを読む

宮崎駿監督76回目の誕生日

宮崎駿本日、1月5日は、宮崎駿監督の76回目の誕生日です。
宮さんまで届け!

 素晴らしいイマジネーションで
 敵だって魅力的な宮崎作品
 なんかい観たって飽きずに高視聴率を叩きだし
 七福神のごとく神の領域
 十二本目の長編作品は
 六ヶ月間のコンテ作業を経て作画IN?
 歳を重ねるごとに不思議な作品を作りだし
 にかいだってさんかいだって劇場に行ってしまう
 乾いた心に潤いくれます宮崎作品
 杯をあげて誕生祝!

つづきを読む

2017年公開 長編アニメーション映画一覧

2017年公開 長編アニメーション映画一覧昨年は、近年稀なアニメーション豊作の年となりました。この波が、2017年も続くかどうかわかりませんけども、本年もアニメーション映画はたくさん公開されます。
そこで、当方注目のアニメーション映画をリストアップしておきます。本年も日本映画が元気な年となりますように。

つづきを読む

横浜・磯子公会堂で『魔女の宅急便』無料上映会

『魔女の宅急便』神奈川県・横浜の磯子公会堂で『魔女の宅急便』無料映画会が1月9日(祝)に開催されます。
磯子公会堂の指定管理者・株式会社清光社が行う自主事業として上映。同社では、「小さい子どもから大人まで楽しんでもらいたい」とのことから、今回は『魔女の宅急便』が16㎜フィルムで上映されます。

つづきを読む

スタジオジブリの年賀状 2017年

スタジオジブリ 年賀状 2017年毎年恒例となっている、スタジオジブリの年賀状がアップされています。
酉年の今年は、ニワトリを担ぐ女の子に、ぽろぽろとタマゴを産むニワトリ、さらにパン種とタマゴ姫と、バーバヤーガまで登場しています。数字にはりついてる虫は、なんだろう君にも見えますが、毛虫のボロでしょうか。
昨年は、吉田昇さんが描いていましたけど、今年は宮崎駿監督によるイラストです。

つづきを読む

謹賀新年 2017

モレスキン コクリコ坂から期せずしてと言いますか、図らずもと申しますか、2017年になりました。あけましておめでとうございます。
昨年は、年明けから、米林宏昌監督と西村義明プロデューサーの新作発表を、今か今かと待ち構えていましたら、12月になってしまったので、ほぼ1年間構えっぱなしだったようです。

つづきを読む



 

© 2017 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑