ジブリ美術館『手描き、ひらめき、おもいつき』展 三鷹の森ジブリ美術館の新企画展示が発表されました。
11月16日から、「『手描き、ひらめき、おもいつき』展 ~ジブリの森のスケッチブックから~」が始まります。
宮崎駿監督が、どのようにして映画以外の企画を生み出してきたのか、その創作の過程に迫る展示となります。



企画展示室・第一室では、第一回目の企画展示『千と千尋の神隠し』を皮切りに、宮崎駿監督が携わった企画展示について紹介されます。

第二室では、スタジオジブリが美術館を作ろうと思い立った経緯や、生まれた数々のアイデアが描きとめられたイメージボードの展示に加えて、設計図面までにも修正を入れる宮崎監督の建物への思い入れが見て取れる図面も初公開されます。

ジブリ美術館『手描き、ひらめき、おもいつき』展

また、映像展示室「土星座」では、展示期間中『空想の空飛ぶ機械達』が特別上映される予定です。

「『手描き、ひらめき、おもいつき』展 ~ジブリの森のスケッチブックから~」を
期間:2019年11月16日(土)~2021年5月(予定)


ジブリ情報配信中



関連記事