Page 306 of 335

宮崎吾朗監督の新作は来年完成予定

宮崎吾朗本日開催された、三鷹の森ジブリ美術館「ひつじのショーン」新シリーズ試写会のトークショーにて、宮崎吾朗監督の次回作が、来年完成予定であることが明かされました。

つづきを読む

「文春ジブリ文庫」刊行について

鈴木敏夫プロデューサー文藝春秋の「本の話WEB」にて、「文春ジブリ文庫」の刊行に関する、鈴木敏夫プロデューサーのインタビューが掲載されています。

なぜ、文春で文庫化されることになったのか。
その経緯が説明されています。

つづきを読む

文春ジブリ文庫 第一弾が発売

文春ジブリ文庫4月10日より、文春ジブリ文庫がついにスタートします。
第一弾として、フィルムコミックの「風の谷のナウシカ シネマ・コミック」と、著名人たちがナウシカを読み解く「ジブリの教科書」が発売されます。
「ジブリの教科書」のほうは、目次を見る限り、濃い内容になっていそうなので、ジブリファンの方はお見逃し無く!

つづきを読む

「ひこうき雲」が宮崎駿の新作『風立ちぬ』の主題歌に正式決定

松任谷由実「ひこうき雲」都内で行われた第4回『岩谷時子賞』授賞式に出席し、大賞となる『岩谷時子賞』を受賞した松任谷由実さんが、自身の楽曲「ひこうき雲」が、宮崎駿監督の新作『風立ちぬ』の主題歌に正式決定したことを明かしました。

つづきを読む

ジブリの新作の魅力と、ネット戦略。

『風立ちぬ』と『かぐや姫の物語』「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」のサイトにて、3月27日付けで、宮崎駿監督の『風立ちぬ』と、高畑勲監督の『かぐや姫の物語』の新作説明会の模様がアップされています。
プロデューサーの、鈴木敏夫さんと西村義明さんが語る新作の魅力。それに加えて、川上量生さんのジブリにおけるネット戦略についての説明を、文字に起こしました。

つづきを読む

宮崎駿の新作『風立ちぬ』7月20日公開決定

風立ちぬ宮崎駿監督の新作『風立ちぬ』の公開日が、7月20日であることがオフィシャルサイトで発表されました。

これまでに、各所に貼られた『風立ちぬ』のポスターに、鈴木敏夫プロデューサーの「大きな声じゃいえないけど公開は7月20日です」という書き込みがみられたことから、既にファンの間では周知されていましたが、ようやく公式の発表となりましたね。
楽しみに待ちましょう。

つづきを読む

ラグーナ蒲郡「ジブリがいっぱい 立体造型物展」スタート

ラグーナ蒲郡 ジブリがいっぱい 立体造型物展ジブリの新作公開を記念して、3月16日(土)から愛知県のラグーナ蒲郡にて「ジブリがいっぱい 立体造型物展」がスタートしました。
約1年間の長期開催で、2014年3月2日(日)まで行われます。

パズーが、シータを救出するワンシーンのジオラマがかっこいいですね。
つづきを読む

「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」が書籍化

ジブリ汗まみれ鈴木敏夫プロデューサーがパーソナリティーを務めるラジオ番組「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」が復刊ドットコムによって書籍化されます。
3月下旬から順次発売とのこと。

2007年に始まった同番組は台本を使わないフリートークが特徴。鈴木プロデューサーが隠れ家として使っている「れんが屋」に様々なゲストを招き、映画論からメディア論、人生論まで幅広く語ってきた。

つづきを読む

パンダコパンダ カフェ 期間限定オープン

パンダコパンダ カフェ宮崎駿監督の作った『パンダコパンダ』誕生40周年を記念して、上野公園の「Cafe HIBIKI」にて、期間限定でコラボレーションカフェがオープンされます。

誕生から40年を超え、トムス・エンタテインメントは、作品にまつわる様々な40周年企画を行っている。そうしたなかで、なんとコラボレーションカフェが実現することになった。

つづきを読む

『もののけ姫』イギリスの劇団が舞台化

舞台版『もののけ姫』『もののけ姫』がこの春、イギリスの劇団「ホール・ホグ・シアター」によって舞台化されます。
来日公演が、4月29日から5月6日まで、東京・渋谷のAiiAシアターで上演される予定です。

映画は1997年に公開され、当時の日本映画の興行記録を塗り替えた宮崎駿監督の代表作の一つ。自然と人間が正面から向き合った内容が評価され、今も多くのファンに愛されている。作品に感銘を受けた劇団の創設者アレクサンドラ・ルターさんらが舞台化を思い立ったのがきっかけで、テスト映像を作成し、ジブリに打診したところ宮崎監督がOKした。

つづきを読む



 

© 2019 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑