『耳をすませば』 地球屋にて

最近、音楽鑑賞にハマっていまして、よくレコードやCDを買うようになって、ジブリ作品のいろいろな音楽を楽しんでおります。
その中から、あまり知られていないであろうけれど、オススメできるCDをご紹介します。
と言いながらも、よく音楽を聴く人にとっては、今更なご紹介かもしれませんが、ご容赦くださいませ。



『耳をすませば』といえば近藤喜文監督の名作で、主題歌は本名陽子さんが歌う『カントリー・ロード』が有名ですよね。
実は、この作品はサントラのほかに、宮崎駿監督がしたためた詩を朗読するCDが発売されているのです。

朗読しているのは、もちろん本作で雫役を務めた本名陽子さんです。

『耳をすませば』 地球屋にて

このCDが発売されたのは1996年1月なので、おそらく収録されたのは映画が公開されて間もなく。
本名さんが16歳の頃だと思います。この声が、綺麗で綺麗で……。雫が、そのまま朗読しているような画が浮かんできます。

『耳をすませば』 地球屋にて

BGMには詩の朗読と一緒に、映画の音楽であったり、環境音が流れています。
就寝前に流す、リラクゼーションCDのような感じで聴いてみるのもオススメです。

『耳をすませば』が好きな方は、ぜひぜひ手に取ってみては如何でしょう。

『耳をすませば』 地球屋にて

映画『耳をすませば』より
地球屋にて
~西老人の語ってくれたこと~

1.丘の町
2.怪猫ムーン
3.コンビニエンスストア
4.半分だけの窓
5.バロン
6.地球屋にて~西老人の語ってくれたこと~
7.ヴァイオリンを作る少年
8.カントリー・ロード

映画『耳をすませば』より 地球屋にて
宮崎駿による7編のオリジナルの詩を雫役の本名陽子が朗読するアルバム

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中