ダンサー・イン・ザ・ダーク

12月10日より新宿ピカデリー、12月24日よりBunkamuraル・シネマほかにて全国公開される映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク 4Kデジタルリマスター版』に鈴木敏夫さんがコメントを寄稿しました。



本作は、2000年の第53回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールと主演女優賞を受賞。ラース・フォン・トリアー監督がアイスランドの歌手ビョークを主演に起用し、過酷な運命に翻弄されながらも、自らの信念を貫き、愛する息子のために全てを投げ打つ母・セルマの姿を描いたヒューマンドラマです。

日本では、21年前に公開され、興行収入24.2億円を記録しています。この度4Kデジタルリマスター化され、改めて劇場上映されます。

今回コメントを寄せた著名人は、鈴木敏夫さんをはじめ、映画監督のクリストファー・ノーランなど、各界から9名。鈴木さんは、下記のコメントを寄せています。

鈴木敏夫コメント
一度だけ、ビョークのLIVEへ。驚いたのが風船で作ったその衣装。
LIVEのあと、楽屋を訪ねると、いきなり、衣装のまま、
「私はジブリの大ファンだ!」と叫んで、強い、強いハグ。
この映画はむろん、大好き! 劇場で観る最後のチャンスとあらば、必ずや劇場へ駆けつけなければ!


ジブリ情報配信中