スタジオジブリ Moleskine モレスキンイタリアのモレスキン社が販売する手帳ブランド「モレスキン」。堅い表紙と手帳を閉じるためのゴムバンドが特徴で、日本でも人気となっているノートブックのひとつです。
いろいろな企業やブランドとタイアップしたカスタムモデルが発売されていて、スタジオジブリもその一つです。



以前に、ジブリ美術館限定で販売されているモレスキンを二つ紹介しましたけど、実はその他にもジブリ作品をモデルにしたモレスキンが存在します。

といっても、一般販売されているものではなく、映画公開を記念して作られた限定非売品ものばかりです。

それでは、それぞれご紹介していきます。

ジブリ美術館モデル ポケットサイズ

スタジオジブリ Moleskine モレスキン
これは以前紹介した、ジブリ美術館で限定販売されている、美術館モデルのモレスキンです。
表紙に美術館のロゴが刻印されています。
サイズはポケットサイズ(9×14cm)で、罫線タイプがラインナップされています。

スタジオジブリ Moleskine モレスキン
そして、中にもロゴがワンポイントで入っています。

『紅の豚』モデル

スタジオジブリ Moleskine モレスキン
こちらも前に紹介した『紅の豚』モデルのモレスキンです。
表紙にはポルコ・ロッソの愛機、サボイアのシルエットが刻印されています。こちらも罫線ポケットサイズです。

スタジオジブリ Moleskine モレスキン
こちらも中にはポルコとサボイアのイラストが入っています。
カッコイイとは、こういうことさ。
という感じですね。

ジブリ美術館モデル ラージサイズ

スタジオジブリ Moleskine モレスキン
こちらは、ジブリ美術館モデルのラージサイズ(13×21cm)版です。
現在、美術館で販売されているのはポケットサイズのみで、ラージサイズは販売されていません。

スタジオジブリ Moleskine モレスキン
確か、限定300冊かなんかで生産されたものです。中身は無地です。

スタジオジブリ Moleskine モレスキン
こちらは中の裏表紙に、イラストがありません。
ネットオークションで購入したもんで、帯もありませんでした。
帯付きのものを探しています……。

『コクリコ坂から』モデル

スタジオジブリ Moleskine モレスキン
これは『コクリコ坂から』の公開を記念して作られた、非売品のモレスキンです。
表紙には映画に登場した旗が刻印されています。

スタジオジブリ Moleskine モレスキン
中にワンポイントのイラストはありませんが、旗一覧のシートが収められています。

『風立ちぬ』モデル

スタジオジブリ Moleskine モレスキン
帯で隠れていて見づらいですけど、『風立ちぬ』のモレスキンは、なぜか表紙の刻印がブタになった宮崎駿監督です。こちらはラージサイズで、中身は無地タイプです。

スタジオジブリ Moleskine モレスキン
なぜ飛行機でもなく、堀越二郎や里見菜穂子でもなく、宮崎監督なんでしょうね。意図がわかりません……。

『かぐや姫の物語』モデル

スタジオジブリ Moleskine モレスキン
『かぐや姫の物語』のモレスキンは表紙がデフォルメキャラの、かぐやちゃんとなっています。例によってこちらもラージサイズです。

スタジオジブリ Moleskine モレスキン
このキャラクターは、LINEスタンプにもなったりしました。

スタジオジブリ Moleskine モレスキン
中には、風景のスケッチ画がワンポイントで入っています。

『思い出のマーニー』モデル

スタジオジブリ Moleskine モレスキン
『思い出のマーニー』モデルは、表紙に「DIARY」の文字があります。劇場公開を記念して作られたモデルは、すべてラージサイズとなります。

スタジオジブリ Moleskine モレスキン
作中でマーニーが使用していた日記帳の柄が再現されています。


ジブリ情報配信中



関連記事