宮崎吾朗 山賊の娘ローニャ21日に、東京ビッグサイトで開催されたアニメの祭典「Anime Japan 2015」にて、セミナー「『山賊の娘ローニャ』と3DCGTVアニメーションシリーズの可能性」に宮崎吾朗監督が登壇しました。
『山賊の娘ローニャ』についての製作の話などが語られたのですが、最後にサービストークで爆弾発言が投下されました。



最近、父親の宮崎駿監督は、鈴木敏夫さんに「これからは3DCGの時代だよ」と言われて、「そうだな。じゃあ、ちょっと勉強してみようかな」と言ったそうです。
「もしかしたら、誰も思いつかなかったような、3DCGアニメを作るかもしれない」と吾朗監督。
宮崎駿監督の発言が、どこまで本気なのかわかりませんが、スタジオジブリでも3DCGを使って制作するときが来るかもしれませんね。
これまで、3DCGに対して受容的態度を見せることはほとんどなかったので、大きな変化となりました。

山賊の娘ローニャ [DVD]
宮崎吾朗監督初のテレビアニメシリーズ!
アニメーション制作は「シドニアの騎士」を手掛けたポリゴン・ピクチュアズ
キャラクターデザインを務めた、近藤勝也による描き下ろしジャケット

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事