山本二三展スタジオジブリで美術監督として数々の作品に携わった山本二三さんの作品展「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展」が、秋田県立美術館で始まりました。
『天空の城ラピュタ』『火垂るの墓』『もののけ姫』『時をかける少女』などの作品に使用された背景画や、絵本の挿絵など計227点が展示されています。



開幕直後から家族連れらが続々と訪れており、来場者は二三さんが手掛けた緻密な風景や建物の絵などを興味深げに見入りました。会場には、背景画が描かれたパネルの前で、記念撮影できるフォトスペースも用意されています。

手描きの背景画、その前段階のスケッチ、イメージボードなど、初期から最新作までを一堂に介します。
会期は来月26日まで。

日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展
日程:2019年12月9日(月) ~ 2020年1月26日(日)
時間:10:00~18:00
場所:秋田県立美術館
休館:不定休
料金:一般・大学生1000円、中・高校生600円、小学生以下無料

山本二三百景
山本二三の集大成となる愛蔵版の画集

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事