山本二三スタジオジブリで美術監督として活躍した山本二三さんが手掛けた背景画を展示する特別企画展「山本二三展~長崎・五島が生んだアニメーション美術監督~」が7月20日から、壱岐市立一支国博物館で開催されます。
展示の目玉として二三が壱岐をテーマにオリジナル作品を描きます。二三さんは5月に壱岐を訪れて、島をめぐり作品のイメージを膨らませています。



二三さんは、名勝地の猿岩や笹塚古墳などを訪問。矢保佐神社や野保佐神社といった島内でもあまり知られていない場所にも足を運び、佇まいや鳥居などを観察しました。

二三さんは「壱岐は緑が多く裕福な感じがした。題材となるべく写真も撮れたので、1枚に限らず作品を描いてみようかと思う」と話しています。特別企画展には50点余りの作品が並ぶ予定で、会期は7月20日から9月16日までとなります。

山本二三百景 新装版
山本二三が時間をかけて納得するまで描いた日本各地の原風景などを100点収録した愛蔵本。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事