鈴木敏夫国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2021(TAAF2021)」において、鈴木敏夫プロデューサーが「アニメ功労部門」で顕彰されることが明かされました。
TAAFの「アニメ功労部門」では、アニメーション産業・文化の発展に大きく貢献した人物が顕彰されます。



今回、「アニメ功労部門」で顕彰されるの鈴木敏夫プロデューサーのほか、『ガンダム』で有名な富野由悠季監督、漫画家・さくらももこさん、『ドラゴンボールZ』などの脚本家・小山高生さん、『セロ弾きのゴーシュ』で作画を務めたアニメーター・才田俊次さん、『AKIRA』の編集者・瀬山武司さん、『アタックNo.1』の歌手・伊集加代さん、『赤毛のアン』ナレーターを務めた声優・羽佐間道夫さんら、錚々たる顔ぶれの8名が選ばれています。

「東京アニメアワードフェスティバル 2021」は来年3月12日(金)~3月15日(月)まで、東京・池袋で開催されます。

東京アニメアワードフェスティバル2021「アニメ功労部門」顕彰者

プロデューサー:鈴木敏夫
原作者:さくらももこ
脚本家:小山高生
監督:富野由悠季
アニメーター:才田俊次
編集:瀬山武司
歌手:伊集加代
声優:羽佐間道夫


ジブリ情報配信中



関連記事