風の谷のナウシカ国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2021(TAAF2021)」にて、宮崎駿監督の『風の谷のナウシカ』が3月13日に上映されることが決定しました。
上映は、東京のグランドシネマサンシャインで行われ、上映後には鈴木敏夫プロデューサーによるオンライントークイベントも開催されます。



今回の上映は、「TAAF2021」においてアニメ功労部門の顕彰者に、鈴木さんが選ばれたことを記念して行なわれるもの。
トークイベントでは鈴木さんがアニメージュの編集に携わっていた時代や、同誌で連載されていた宮崎駿監督の漫画版『風の谷のナウシカ』がアニメーション化されるまでをふり返ります。

「東京アニメアワードフェスティバル2021」は、アニメーション文化と産業の振興に寄与することを目的とした国際アニメーション映画祭。3月12日から15日まで東京・池袋で開催される。

チケットの販売はオンラインのみで、2月17日から開始されています。
上映の詳細は「東京アニメアワードフェスティバル2021」公式サイトを、チケットの販売はグランドシネマサンシャインの公式サイトをご覧ください。

『風の谷のナウシカ』特別上映
日程:2021年3月13日(土)
時間:13:30~16:00
会場:東京池袋・グランドシネマサンシャイン
登壇:鈴木敏夫(オンライントーク)
料金:1200円、当日券1400円


ジブリ情報配信中



関連記事