魔女の宅急便東京の国立映画アーカイブにて、2月16日から5月5日にかけて「1980年代日本映画 試行と新生」と題して、1970年代後期から1980年代の日本映画を集めた特集上映が行なわれ、その中で高畑勲監督作品の『劇場版 じゃリン子チエ』と、宮崎駿監督作品の『魔女の宅急便』が上映されます。



時代の新しい流れを示した作品や、社会的に話題となった作品など計44本(42プログラム)によって、1980年代の日本映画が上映されます。公開当時の35mmフィルムで、スクリーン上映となります。

チケットは前売販売のみで、一般520円、高校・大学生・65歳以上:310円、小・中学生:100円です。
コロナ禍ということもあって、収容率50%で定員155席となります。

『じゃリン子チエ』と『魔女の宅急便』の上映スケジュールは下記の通りです。

『じゃリン子チエ』
2021年2月18日(木) 18:00 長瀬記念ホール OZU
2021年3月28日(日) 13:00 長瀬記念ホール OZU
2021年4月16日(金) 14:00 長瀬記念ホール OZU

『魔女の宅急便』
2021年2月25日(木) 14:00 長瀬記念ホール OZU
2021年3月28日(日) 16:10 長瀬記念ホール OZU
2021年4月24日(土) 12:50 長瀬記念ホール OZU


ジブリ情報配信中



関連記事