世界名作ノスタルジア日本アニメーションが手がけるテレビアニメーション「世界名作劇場」シリーズの新プロジェクト「世界名作ノスタルジア」が始まります。
1975年に放送された『フランダースの犬』から、45周年を迎えた「世界名作劇場」シリーズが、「世界名作ノスタルジア」となって“大人向け”をコンセプトにシリーズの放送当初からのファンに向けたグッズ展開などが行われます。



「世界名作ノスタルジア」の第1弾となる作品は、今年25周年の『ロミオの青い空』。イタリア語で“煙突掃除夫のロミオ”を意味する「Romeo lo spazzacamino(ロミオ ロ スパッツァカミーノ)」と銘打ち、インテリア雑貨やキッチングッズを販売する予定となっています。

世界名作ノスタルジア

この新展開に合わせ、『ロミオの青い空』の作画監督・キャラクターデザインを担当した佐藤好春さんが、新たな原画アートを描き下ろしています。同原画アートをベースとして新アートを開発し、それを使用した商品が広く展開されていきます。


ジブリ情報配信中



関連記事