雑想ノート 最貧前線宮崎駿監督が描いた漫画『宮崎駿の雑想ノート』に掲載された『最貧前線』を原作にした舞台が2019年に公開されましたが、このたびオーディオドラマ化され、6月26日から7月26日まで、水戸芸術館公式サイト「おうちで水戸芸術館」特設ページで無料配信されます。



オーディオドラマ版は、新型コロナウイルス感染拡大により多くの舞台芸術が公演キャンセル、延期などに追い込まれている状況下で、水戸芸術館AMC劇場がコロナの影響で自宅にいる時間が長くなった人々を慰めたいという思いからスタジオジブリ、宮崎駿監督に本企画を提案。その趣旨に快諾を得られ実現しました。全7話で構成されています。

最貧前線

本作は舞台での上演許可を得るために作られたプレゼン用の映像的台本「トライアル台本」がベースとなっています。
太平洋戦争末期、軍艦として改装された吉祥丸に乗り込む14歳の見習いら猟師たちと、軍人たちが絆をはぐくみながら指定の海域へ向かうさまが描かれます。

配信スケジュール
第1話:6月26日(金)15時配信開始
第2話:7月 3日(金)
第3話:7月 4日(土)
第4話~第7話:順次配信

宮崎駿の雑想ノート
兵器と人間が織りなす、バカバカしい狂気の情熱を描く13編。「最貧前線」も収録。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事