森康二「もりやすじ原画展 もぐらの童画部屋」が、1月20日(水)~31日(日)まで吉祥寺の古本屋「一日」で開催されます。
森康二さんの展示が「一日」で開催されるのは4回目のこと。今回は、童画が印刷物から展示されるようです。先日発売された、森さんの画集『もぐらのアトリエ』に掲載された童画が中心になると思われます。



森さんは、宮崎駿監督に多くの影響を与えた大先輩のアニメーターであり、幼年誌や絵本の童画も描いており、昭和20年代から休まず発表していました。
それらの残された印刷物から、作品が復元されたのが、このたび発売された画集『もぐらのアトリエ』です。

もりやすじ原画展 もぐらの童画部屋
日程:2021年1月20日(水)~31日(日)
時間:12:00~19:00(最終日は17:00まで)
休み:火曜日
場所:一日(吉祥寺)

もぐらのアトリエ もりやすじ画集
天才アニメーターもりやすじが幼年誌や絵本で描いた童画を収録。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事