森康二 童画アニメーションの神と呼ばれたアニメーター・森康二さんの展示「もりやすじ童画展 もぐらのノート」が、8月1日~13日まで吉祥寺の古本屋「一日」で開催されます。
森康二さんは、宮崎駿監督の先輩アニメーターとしても知られており、日本のアニメーションに多大な影響を与えました。



展示は、森康二さんが描いた幼年誌や絵本でのイラストレーションを集めたもの。
これらの作品は2冊目の画集である『もぐらノート』にまとめられています。
貴重な幼年誌(こばと等)の連載時の原画や小学館、講談社、ポプラ社など各社から出た世界名作童話の絵本原画が展示されます。

また、森康二さんの関係書籍やグッズの販売も予定されています。

もりやすじ童画展 もぐらノート
日程:2018年8月1日(水)~13日(月)
時間:12:00~20:30 (最終日は18:00まで)
休日:火・定休
会場:一日(吉祥寺)

もぐらノート (もりやすじ画集 2)
『アルプスの少女ハイジ』『フランダースの犬』などのキャラクターデザインや原画で活躍したもりやすじの作品集。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事