最新作『思い出のマーニー』の世界を表現する『思い出のマーニー×種田陽平展』が、7月27日から東京・両国の江戸東京博物館で開催される。
杏奈の声を高月彩良、マーニーの声を有村架純が演じるほか、美術監督を種田陽平が務める。種田は、岩井俊二、三谷幸喜、クェンティン・タランティーノらの作品をこれまでに手掛けているが、アニメーション映画の美術監督を担当するのは同作が初となる。



『思い出のマーニー×種田陽平展』は、『借りぐらしのアリエッティ』公開時に開催された『借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展』において、映画の中で小人の住む世界を三次元に建ち上げ会場を構成し話題を集めた種田が、『思い出のマーニー』の世界を巨大な空間アートで表現する展覧会となる。

物語の鍵ともなる、杏奈がマーニーと出会う場所「湿っ地(しめっち)屋敷」や、映画に登場する二次元の世界を小道具や装飾にもこだわり、実写映画セットのように表現するという。また、同作の美術資料も多数展示される予定。

米林宏昌画集 汚れなき悪戯
『思い出のマーニー』の公開に先がけて、監督の米林宏昌による初の画集が登場!
マーニーをはじめ、アリエッティやジブリ各作品の美しきヒロインたち、自ら描きためていた未公開の美女画などを一挙収録するほか、本書のための描きおろしを25点以上も収録した、オールカラー豪華画集!

≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事