高畑勲監督の『かぐや姫の物語』が、韓国で6月4日に公開されます。30日、映画の輸入元テウォンメディアは、『かぐや姫の物語』の封切りを6月4日と告知して、公式ポスターが公開されました。



『かぐや姫の物語』は、『おもひでぽろぽろ』『平成狸合戦ぽんぽこ』等を制作したアニメの巨匠高畑勲監督が、1999年『ホーホケキョとなりの山田くん』から14年ぶりに制作した新作である。

スタジオジブリと日本を代表するもう一人の巨匠が、新しい映画で韓国を訪れる。映画は8年間の制作と、計50億円(韓貨で約505億ウォン)の制作費が投入された超大作。2013年11月に日本で封切られた。

『かぐや姫の物語』は日本で最も古い説話として伝えられる竹取物語を元にした。巨匠の深い内面が、スタジオジブリ最高の美女キャラクターを誕生させたというのが輸入社の説明だ。


ジブリ情報配信中



関連記事