「スタジオジブリ・レイアウト展」新潟県立万代島美術館高畑勲・宮崎駿両監督作品の画面設計図となるレイアウトを集めた「スタジオジブリ・レイアウト展」が、新潟県立万代島美術館で開催されます。
『風の谷のナウシカ』から『思い出のマーニー』まで、宮崎駿監督が描いた直筆レイアウトを中心に、高畑・宮崎監督がジブリ以前に手がけた作品も含めて、凡そ1300点のレイアウトが公開されます。



アニメーション制作におけるレイアウトは、作品の統一感を保つ上で重要な役割を果たしており、そこにはキャラクターの疾走感や躍動感、映画的な空間構成までもが表現され、作り手たちのイマジネーションにあふれています。

本展では、アニメーションの魅力が詰まった「レイアウト」を読み解きながら、高畑・宮崎両監督の仕事を中心にスタジオジブリ作品の秘密に迫ります。

高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。
スタジオジブリ・レイアウト展 その誕生から「思い出のマーニー」まで

会期:2016年7月16日(土)~10月10日(月・祝)
時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)
休館:7月25日(月)、8月29日(月)、9月26日(月)
会場:新潟県立万代島美術館 展示室
料金:一般 1,200円/大学・高校生 1,000円

関連イベント

ギャラリートーク
日時:7月16日(土)11:00~
出演:田中千義(スタジオジブリ)/TeNYアナウンサー
展示室にて/要観覧券

ミュージアム・コンサート
日時:9月10日(土)11:30~12:00
出演:新潟市ジュニア合唱団
美術館ロビーにて/無料

ギャラリートーク
日時:9月24日(土)14:00 ~
出演:小池利春氏(新潟市マンガ・アニメ情報館副館長)、TeNYアナウンサー
展示室にて/要観覧券

スタジオジブリ・レイアウト展 図録
スタジオジブリ作品の「レイアウト」を宮崎駿監督直筆のものも含め収録、また、高畑勲、宮崎駿両監督がジブリ以前に手がけた作品のレイアウトも合わせて掲載された充実の内容です。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事