耳をすませば バロン香川県立ミュージアムで開催されている「この男がジブリを支えた。『近藤喜文展』」の来場者が、1万人を突破しました。
8月4日の開幕以来、21日目の達成となり、1万人目の来場者には『耳をすませば』に登場するバロン男爵のフィギュア型オルゴールなどが贈られました。



同展は、近藤喜文監督の『耳をすませば』の公開20周年を記念して開催。近藤さんが手掛けたアニメーションの原画やスケッチ、イメージボードなど約500点が展示されています。

1万人目の来場者となったのは、岡山県倉敷市の大学生。展覧会を目的に、友人2人と来県したという床さんは「ジブリ映画が大好きで、特に『耳をすませば』は何回も見た。すごくうれしい」と笑顔で話しました。

この男がジブリを支えた。「近藤喜文展」
会期:2015年8月4日(火)~9月27日(日)
時間:8月 10:00~19:00/9月 10:00~17:00(入場は閉館の30分前まで)
休館:8月10日・17日・24日・31日、9月7日・14日
場所:香川県立ミュージアム 特別展示室
料金:一般 1,100円/大学・専門学校生 1,000円/小・中学・高校生 800円

ふとふり返ると 近藤喜文画文集
高畑勲監督、宮崎駿監督の作品を支えたアニメーター・近藤喜文の心温まるスケッチ集。

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事