白蛇伝11月5日(火)まで開催されている第32回東京国際映画祭で、ジャパニーズ・アニメーション部門『白蛇伝 4Kデジタルリマスター版』の上映が行われました。上映前のトークショーでは、本作の4K復元に携わった東映ラボ・テック特別顧問の根岸誠さんと、東映アニメーション制作技術室長の近藤修治さん、東映アニメーション第一映像企画部の伊藤志穂さんが登壇しました。



東映動画株式会社の創立に携わった藪下泰司さんが監督を務めた『白蛇伝』は、中国に古くから伝わる民話をもとにした、日本初の長編カラーアニメーション作品として知られており、宮崎駿監督をはじめ後に日本アニメ界を牽引するアニメーターたちに多大なる影響を与えた作品としても有名です。

今回の4K修復について近藤さんは、「いまから2年前の“日本アニメ100周年”の年に、国立映画アーカイブさんから東映に『白蛇伝』を4K化して収蔵したいという依頼がありました。弊社でも劇場長編のネガを将来的に保存するにあたって、4Kスキャンが必要だという話があがっていて、そのタイミングが合致してプロジェクトを始めました」と語ります。

NHKの連続テレビ小説『なつぞら』が放送されたことで、アニメーションの歴史への関心が高まっている昨今。また同作ではこの『白蛇伝』からヒントを得た『白蛇姫』という作品も登場しており、「『なつぞら』は非常に大きい影響があったと思います」と近藤さんは語り、「アニメーションがこうやって作られているんだとか、経験者がいない状況で試行錯誤しながら作っていたことも描かれていて、いままでアニメに興味のなかった方にも関心を持っていただいた。本作も色々なところから上映をしたいという声をいただいていて、『なつぞら』に感謝しています」と笑顔を見せました。

『白蛇伝』Blu-ray BOX(初回生産限定)
発売日:2019年10月9日
価格:16,280円(税込)

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事