マイマイ新子と千年の魔法『この世界の片隅に』の片渕須直監督が2009年に手がけた劇場アニメーション『マイマイ新子と千年の魔法』の公開10周年を記念して、11月21日に東京・新宿ピカデリーで特別上映会の開催が決定しました。
上映後には片渕監督と、清少納言(清原諾子)を演じた森迫永依さんによる舞台挨拶も行われます。



また、イメージボードやキャラクター設定、美術ボードなどの作品資料、片渕監督が10周年を迎えた心境を語るスペシャルインタビューなどを収録したメモリアルアートブックの販売も行われます。

『マイマイ新子と千年の魔法』は、芥川賞作家の高樹のぶ子さんによる自伝的小説『マイマイ新子』のアニメーション化。2009年11月21日に新宿ピカデリーをメイン館として全国公開された後、ラピュタ阿佐ヶ谷で50日間のロングラン上映が行われ、ファンが直接映画館と交渉し、東京、埼玉、静岡、新潟、北海道といった各地での上映も実現しました。

物語の舞台となった防府市では、現在も聖地巡礼企画が実施されているなど、根強い人気を誇っています。

『マイマイ新子と千年の魔法』Blu-ray
約110分に及ぶ秘蔵映像「マイマイ新子と宝物特典ディスク」収録。特製ブックレット付き

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事