なつぞら 大草原の少女ソラNHKで放送されている連続テレビ小説の朝ドラ『なつぞら』で、第143話に登場した劇中のアニメーション『大草原の少女ソラ』の原画を、スタジオジブリ作品でも作画監督を務めていた佐藤好春さんや、高畑勲監督とは旧知の大ベテランアニメーター・才田俊次さんらが手掛けていることが明らかになりました。



佐藤さんはジブリ作品の『となりのトトロ』『おもひでぽろぽろ』で作画監督を担当し、『赤毛のアン』『トム・ソーヤーの冒険』などの数々の世界名作劇場シリーズに携わってきました。

また、『大草原の少女ソラ』の原画には、高畑勲監督作品の『セロ弾きのゴーシュ』で“1人作画”を務めたことが有名で、『アルプスの少女ハイジ』にも参加していた大ベテランの才田俊次さんも参加しています。

さらに昨年公開の『ペンギン・ハイウェイ』を手掛けた石田祐康さん、テレビアニメ『恋は雨上がりのように』のキャラクターデザイン・作画監督を担当した柴田由香さん、『Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-』の作画監督・丹羽弘美さんらが原画として名を連ね、キャラクターデザイン・作画監督は刈谷仁美さんが担当しています。

また、丹羽さんは、なつが原画を任されるようになってから、手元吹き替えを担当しているといいます。

連続テレビ小説 なつぞら Part2
連続テレビ小説『なつぞら』、番組後半を徹底ガイド

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事