『思い出のマーニー』の世界を美術監督の種田陽平が巨大空間アートで表現する展覧会「思い出のマーニー×種田陽平展」が、7月27日から江戸東京博物館で開催されます。クエンティン・タランティーノから三谷幸喜までさまざまな名監督とのタッグで知られる種田が、『思い出のマーニー』の主人公・杏奈とマーニーが出会う“湿っ地屋敷”や細部までこだわった小道具、装飾などアニメーション作品の世界を、実写映画のセットのように作り上げる。



種田とジブリの付き合いは、ルーヴル美術館をコンパクトにして紹介した三鷹の森ジブリ美術館の企画展示「小さなルーヴル美術館」展(2008)からスタート。『借りぐらしのアリエッティ』(2010)公開時には東京都現代美術館ほかで「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」を開催し、全国で70万人を動員するなど反響を呼んだ。

そして『思い出のマーニー』では自身初となるアニメーション映画の美術監督に就任した。種田の参加によって「ジブリの作品の作り方が大きく変わった」と語るのは西村義明プロデューサーだ。これまで美術の設計・設定は絵コンテを描き進める中で出来上がっていったが、本作では絵コンテに入る前に全ての詳細な美術設計が出来上がり、米林宏昌監督はその設計やジオラマを見ながら絵コンテ作業を進めることができたという。

西村プロデューサーは「マーニーの美術を全て見てくれるというのはとても心強いんですが、実写をやってきた種田さんだけにそれだけじゃもったいなすぎるだろう」と『借りぐらしのアリエッティ』に続く展示会の開催を決定。コンセプトは「お客さんが杏奈に成り切って『思い出のマーニー』の世界に行く」というもので、「かなり大がかりでマーニーの世界が緻密にリアルに表現されているので、来ていただけたら驚かれると思います」と自信をのぞかせている。

「思い出のマーニー×種田陽平展」と同時に、スタジオジブリ作品に登場するさまざまな建物にスポットを当て、ミニチュアを中心とした立体作品をはじめ、映画に登場する建物の設定資料、背景画といった美術資料などを展示する「ジブリの立体建造物展」も開催予定だ。

 
思い出のマーニー×種田陽平展
会期:2014年7月27日(日)~9月15日(月・祝)
時間:9時30分~17時30分(休館日=8月4日、9月1日)
※入場は閉館の30分前まで

会場:江戸東京博物館 1階展示室

 
ジブリの立体建造物展
会期:2014年7月10日(木)~12月14日(日)
※休園日=毎週月曜日、月曜日が祝休日の場合はその翌日

時間:4月~9月 9時30分~17時30分/10月~12月 9時30分~16時30分
※入園は閉園の30分前まで

会場:江戸東京たてもの園(都立小金井公園内)

米林宏昌画集 汚れなき悪戯
『思い出のマーニー』の公開に先がけて、監督の米林宏昌による初の画集が登場!
マーニーをはじめ、アリエッティやジブリ各作品の美しきヒロインたち、自ら描きためていた未公開の美女画などを一挙収録するほか、本書のための描きおろしを25点以上も収録した、オールカラー豪華画集!

≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事