こきんちゃん宮崎駿監督が小金井市のマスコットキャラクターをデザインしているのをご存知でしょうか?
スタジオジブリの所在地が小金井にあるため、名誉市民でもある宮崎監督がキャラクターデザインを務めることになったのです。
その名も「こきんちゃん」といって、2008年に同市の公募によって愛称が決定しました。



この「こきんちゃん」、実はけっこうグッズ化されていまして、いろいろなラインナップがあるのです。
クッキーやらまんじゅう、手ぬぐい、ピンバッジにキーホルダー、ポロシャツ、ぬいぐるみ、文具セットなどなど。

こきんちゃん

これはジブリ・宮崎駿ファンとして、スルーしておくのは如何なものか?
ということで、「こきんちゃん」のがまぐちぬいぐるみを買いに行ってきました。

しかし、このグッズ、宮崎監督がデザインしているとは言っても、そんなにメジャーなものではありません。
どんぐり共和国やジブリ美術館でヒョイっと買えるわけではないのです。

小金井市のサイトを見ると、「こきんちゃん」がまぐちぬいぐるみは、小金井市にある「黄金や」さんというお店で扱っていることがわかりました。
小金井市は自転車で行けない距離ではないので、早速買いに行ってみることに。

こきんちゃん
よく道がわからず、迷いながらも「黄金や」さんに到着しました。

こきんちゃん
入口には、こきんちゃんのバッグが置いてあります。
これもなかなか良いですが、私が買いにきたのは、がまぐちのぬいぐるみです。

こきんちゃん
しかし、手ぬぐいやピンバッジなどはあるもの、ぬいぐるみは見当たりません。
お店の方にお話を伺うと、もう売切れていて入荷もないとのこと。

うーん、小金井までやって来たのに困ったなぁ、と途方に暮れそうになりながら小金井市のサイトを見ていたら、がまぐちぬいぐるみは小金井商工会でも扱っていると書いてあるじゃないですか。今度は、すぐさまそちらに向かうことに。

こきんちゃん
「黄金や」さんからはそこそこ距離があるうえに、小金井商工会がなかなか見つけられず、小金井市役所に間違えて入るという離れ業を披露しつつ、苦難の末にようやく到着しました。

小金井市商工会
なんとも、グッズが売っていそうには見えない佇まい。おそるおそる入場し、受付けのおじ様にグッズが販売されているのか聞いてみました。

「こきんちゃんの、がまぐちぬいぐるみはありますか?」と私。場違いなところで訪ねているんじゃないかと、若干控えめに。
「うん? こきんちゃんの、がまぐちのぬいぐるみ?」とオウム返しをする受付けのおじ様。ピンときていない様子です。
「えっと、これなんですけど…」とスマホで見せると、おじ様は「ちょっとお待ちください」とお煎餅が入っていそうな缶の箱を持ってきて、次々とグッズを取り出していきます。「どれかなぁ」
「あ、これです」と、その中にがまぐちぬいぐるみを見つけました。
「あぁ、良かった」と安堵のおじ様。
「これ、ネットでも売ってないし、別の店でも売切れちゃったみたいで、全然手に入らないんですよ」
「そうでしょうね」
「ここに買いに来た人って、これまでにいました?」
「いません」
「ですよね」という言葉は飲み込んで、ありがたく買わせていただきました。おじ様、ありがとう!

こきんちゃん

こきんちゃんのがまぐちぬいぐるみ。頭が開閉式のがまぐちになっている、かわいらしいキータイプのぬいぐるみです。
皆さんも、お一ついかがでしょうか?
小金井商工会で、まだ現在も購入できるはずです。


ジブリ情報配信中



関連記事