平成狸合戦ぽんぽこ『平成狸合戦ぽんぽこ』で印象的なシーンとして、タヌキたちが織り成す「妖怪大作戦」があります。
タヌキが人間たちを追い出すために行なわれた、化け学を駆使して行なわれたこの妖怪のパレードには歴史的な浮世絵の数々や、スタジオジブリ作品の隠れキャラクターなどが登場しているのです。



ジブリキャラ

平成狸合戦ぽんぽこ
まずは、タヌキたちが繋がりあい、竜に変化します。竜と共に、様々な妖怪が大行進をしていくのですが、その中に『となりのトトロ』のトトロや『おもひでぽろぽろ』のタエ子、『魔女の宅急便』のキキ、『紅の豚』の飛行機サボイアが登場します。

「狐の嫁入り」

平成狸合戦ぽんぽこ「狐の嫁入り」
妖怪となったタヌキたちは、次々にニュータウンを行進します。
まず登場したのは、「狐の嫁入り」です。

葛飾北斎「百物語 お岩さん」

平成狸合戦ぽんぽこ 葛飾北斎「百物語 お岩さん」
次に、葛飾北斎が描いた「百物語」のお岩さんが登場します。

俵屋宗達「風神雷神図」

平成狸合戦ぽんぽこ 俵屋宗達「風神雷神図」
小さな風神と雷神が登場し、場を湧かせます。人間を追い出すどころか、みんな喜んでいます。

歌川国芳「流行達磨遊び」

平成狸合戦ぽんぽこ 歌川国芳「流行達磨遊び」
そして達磨が表れ、「流行達磨遊び」のごとくポーズをビシッと決めます。

歌川芳藤と歌川国芳

平成狸合戦ぽんぽこ「有卦絵 ふ尽しの福助」「流行猫の狂言づくし
達磨の次は、歌川芳藤の「有卦絵 ふ尽しの福助」を模したキャラが登場し、そのまま顔が猫に変化して、歌川国芳の「流行猫の狂言づくし」になります。

歌川国芳「相馬の古内裏」

平成狸合戦ぽんぽこ 歌川国芳「相馬の古内裏」
百鬼夜行も終盤に差しかかったところで、歌川国芳の「相馬の古内裏」が登場します。

「阿弥陀二十五菩薩来迎図」

平成狸合戦ぽんぽこ「阿弥陀二十五菩薩来迎図」
最後は長老タヌキの隠神刑部が倒れると、「阿弥陀二十五菩薩来迎図」がお迎えにやってきます。

ジブリの教科書8 平成狸合戦ぽんぽこ
池澤夏樹、似鳥鶏らが作品の魅力を解き明かしつつスタッフの回顧録も収録

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事