千と千尋の神隠し 春日さま 雑面新型コロナウイルスの蔓延により、マスクは必需品となり、街では顔をアクリル板で覆うフェイスガードを着けた人を見ることも増えました。
そこで、どうせだったら、ジブリなフェイスガードにしようじゃないかと、『千と千尋の神隠し』に登場した神さまの「春日さま」の雑面マスクを作りました。



この神さまは、顔に雑面(ぞうめん)という厚紙をつけていて、これは奈良県の春日大社に伝わるものが由来となっています。
目、鼻、口などをユニークな形状で描いたもので、実際の舞楽で着用されているものも、このようなデザインですが、『千と千尋の神隠し』に登場した雑面は、アレンジした映画オリジナルのようです。

千と千尋の神隠し 春日さま 雑面

雑面のデザイン

千と千尋の神隠し 春日さま 雑面
まず映画に登場した春日さまのデザインをもとに、デザイン画を描きました。
これは普通のA4用紙にプリントしたもの。

描き写し

千と千尋の神隠し 春日さま 雑面
デザイン画をもとに、透明の下敷きに描き写していきます。
これは油性マジックで描いているだけ。

今回は下敷きにしましたけど、プラバンやクリアファイルに描いても良いと思います。

色を塗る

千と千尋の神隠し 春日さま 雑面
マジックで描いたら、今度は半対面からアクリル絵の具を塗っていきます。
マジックで塗っても良かったかもしれないですけど、それだと薄くなりそうなので、絵の具で塗り固めました。
アニメのセル画塗りのごとくです。

スプレーを吹きかける

千と千尋の神隠し 春日さま 雑面
目・鼻・口を塗り終わったら、スプレーを吹きかけて背面を白くします。
このときに、三角形の部分を覗き穴にするので、スプレーが掛からないように、ビニールテープでマスキングしました。

覗き穴に黒のビニール

千と千尋の神隠し 春日さま 雑面
マスキングした覗き穴には、黒い半透明のビニールを貼りつけます。
百均で黒のセロファンを探したんですが無かったので、黒いビニールバッグを切り取って貼りつけました。

おでこにはスポンジ

千と千尋の神隠し 春日さま 雑面
そして、おでこ部分には、厚手のスポンジをくっ付けました。
これも百均で適当なのがあったので、お掃除用のを使いました。

サイドに紐を通す

千と千尋の神隠し 春日さま 雑面
雑面のサイドに穴をあけて、紐を通せば完成です!

完成!


これで、春日さまに成りきって、コロナウイルス対策も万全です。
雑面で街を歩いている人がいたら、それは私かもしれません。
見かけても石は投げないでください。


ジブリ情報配信中



関連記事