海がきこえるスタジオジブリの若手スタッフを中心に据えて作られた『海がきこえる』という作品があります。
劇場映画ではなくテレビアニメーションとして制作され、1993年5月5日に日本テレビ開局40周年記念番組として放送されました。
現在ではベテランとなった近藤勝也さんが作画監督を務め、監督には望月智充さんがジブリ外から招聘された作品です。



劇場作品ではないため、知名度はそれほど高くありませんが、コアな根強いファンのついている作品です。まだ観ていない人は、ぜひ観てくださいね。
本作は、氷室冴子さんの同名小説を原作にしていて、「月刊アニメージュ」1990年2月号から1992年1月号にかけて連載。挿絵は、近藤勝也さんが描きました。

この小説『海がきこえる』は、大きく分けると“連載版”と“書籍版”が存在するのです。

連載されたものを基に、単行本と文庫本になっているのですが、書籍化の際に、挿絵の数が大幅に減っていますし、内容も加筆・編集されていることから若干違うものになっています。

『海がきこえる』単行本

海がきこえる
こちらは、1993年に書籍化された単行本の『海がきこえる』です。
現在では絶版となっていますが、おそらく古本屋でも簡単に見つけられると思います。
映画の内容は、この単行本の1巻をベースにしていますが、エンディングは若干の違いがあります。

2巻の『海がきこえるⅡ アイがあるから』は雑誌連載ではなく、氷室さんによる書き下ろし作品です。こちらも、近藤勝也さんによる挿絵が掲載されています。

『海がきこえる』文庫本

海がきこえる
1999年には、両巻とも文庫化されました。内容の変更はないのですが、時代の流れによって流行などにギャップが生じたため、セリフやヒット曲などが、当時の状況に合わせたものに変更されました。

『海がきこえる』連載版

海がきこえる
そして、こちらが「月刊アニメージュ」に連載されたものです。
単行本化の際に編集が加えられていて、杜崎拓と武藤里伽子が高知城の前でキスをするシーンや、拓と里伽子、松野と知沙が四万十川へ遊びに行くエピソードなどが省かれています。

この内容は、映像化もされていませんし、アニメージュの連載版でしか読むことができません。

アニメージュのバックナンバーは1990年のものなのでけっこう古いですが、現在でも地道に探せば入手可能だと思うので、古本屋巡りなどをして、集めてみては如何でしょうか。

連載版では、近藤さんのイラストが各ページごとに掲載されていて、贅沢な内容となっています。

海がきこえる

月刊アニメージュ『海がきこえる』連載号

第一部
1990年2月号 連載第1回 フェアウェルがいっぱい<上>
1990年3月号 連載第2回 フェアウェルがいっぱい<下>
1990年4月号 連載第3回 マン<上>
1990年5月号 連載第4回 マン<下>
1990年6月号 連載第5回 里伽子<上>
1990年7月号 連載第6回 里伽子<下>
1990年8月号 連載第7回 里伽子ふたたび<1>
1990年9月号 連載第8回 里伽子ふたたび<2>
1990年10月号 連載第9回 里伽子ふたたび<3>
1990年11月号 連載第10回 里伽子ふたたび<4>
1990年12月号 連載第11回 里伽子ふたたび<5>
1991年1月号 連載第12回 里伽子ふたたび<6>

第二部
1991年3月号 連載第13回 やさしい夜
1991年4月号 連載第14回 やさしい夜<二>
1991年5月号 連載第15回 やさしい夜<三>
1991年6月号 連載第16回 好き
1991年7月号 連載第17回 好き<2>
1991年8月号 連載第18回 好き<3>
1991年9月号 連載第19回 海がきこえる<1>
1991年10月号 連載第20回 海がきこえる<2>
1991年11月号 連載第21回 海がきこえる<3>
1991年12月号 連載第22回 海がきこえる<4>
1992年1月号 連載第23回 海がきこえる<5>

※1991年2月号は休載

アニメ版『海がきこえる』が好きな人は、ぜひ小説版も読んでみてください。
映画と同じような空気感で、物語を読み進めることができるはずです。

海がきこえる
徳間書店の文庫版『海がきこえる』

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事