アニメージュとジブリ展 グッズ

東京・松屋銀座で始まった「アニメージュとジブリ展」に早速行ってきまして、会場限定で販売されているグッズも少しですが買ってきました。

元々グッズは、そんなにたくさん買う方ではないので、大した量ではないのですがご紹介します。



『風の谷のナウシカ』ツバメノート

アニメージュとジブリ展 ツバメノート
ジブリのツバメノート(450円)は、これまでにも何度か発売されているんですけど、購入したのは今回が初めてです。
王蟲がシンボルとなって、周りは腐海の植物で囲われている、ナイスなデザインです。

『風の谷のナウシカ』活版印刷ノート

アニメージュとジブリ展 活版印刷ノート
金箔が豪華な、活版印刷のナウシカノートです。腐海がモチーフの素敵なデザインです。
創業約150年東京新橋にある河内屋さんの印刷だそうです。
職人さんが作っているので、薄いわりに1,200円とわりと高価なノートです。

「鈴木敏夫とジブリ展」榛原ノート

鈴木敏夫とジブリ展 榛原ノート
これは、「アニメージュとジブリ展」のグッズではないですけど、ついつい買ってしまいました。
「鈴木敏夫とジブリ展」は神田明神で開催されたときに行ったんですけど、そのときは扱っていなかった榛原ノート(1,800円)です。
おそらく、巡回するうちに増えていったグッズの一つだと思います。

サラサクリップ ボールペン

アニメージュとジブリ展 サラサクリップ
サラサクリップから発売された、宮崎作品のボールペン(各275円)です。
このシリーズは「高畑勲展」のときも5本発売されていました。
そのときに、2本だけ買ったんですけど、全部買っておけば良かったと後悔したので、今回は3本すべて買いました。

と、満足していたんですけど、4月末から新たに『名探偵ホームズ』と『ルパン三世 カリオストロの城』の2本が追加販売されることを知って、軽くショックを受けています(笑)。
なぜ、同時発売しない……。

『風の谷のナウシカ』ランチョンマット

アニメージュとジブリ展 ランチョンマット
ゴブラン織りのランチョンマット(2,200円)です。『風の谷のナウシカ』オープニングの背景を再現したものです。
実際にランチョンマットとして使うには勿体ないので、飾ろうと思っています。

これのほかにも、ゴブラン織りタペストリー(16,500円)が販売されていて、そっちも購入しようか迷いましたけど、自重しました。

王蟲のぬいぐるみ

アニメージュとジブリ展 王蟲のぬいぐるみ
何か大物を一つ買おうと思っていて、ゴブラン織りタペストリーと迷いましたけど、王蟲のぬいぐるみにしました。
これまでに購入したぬいぐるみ史上、最も高価なものとなりました。
14,300円って、ほんとうにぬいぐるみの価格ですか……?

以上、

「アニメージュとジブリ展」で購入したグッズでした。
この展示を観ていて、何が一番欲しくなるって、ほんとうはアニメージュのバックナンバーなんですけどね(笑)。

さて、これから、地道に創刊号から集めていくことにしましょう。


ジブリ情報配信中



関連記事