Page 19 of 431

山本二三美術館「五島百景 五島列島展」がコロナの影響で休館

山本二三 五島百景

ジブリの美術監督・山本二三さんが、2010年よりライフワークとして始めた故郷である五島列島の風景画を100点描くという、「五島百景」が完成し、4月29日より五島での展覧会「五島百景 五島列島展」が開催されていましたが、市の要請により、一部の施設は新型コロナウイルス感染症の予防対策として5月10日より当面の間、臨時休館となりました。

つづきを読む

宮崎吾朗最新作『アーヤと魔女』韓国で6月公開!

アーヤと魔女

宮崎吾朗監督の最新作『アーヤと魔女』が、6月に韓国で公開されることが明かされました。

韓国語版のテーマソング『Don’’t Disturb Me』は、ロックバンド「紫雨林(ジャウリム)」のボーカル、キム・ユナさんが歌い、アーヤの母親役の吹き替えも担当します。

つづきを読む

鈴木敏夫プロデューサーが愛知県政150周年ロゴマークをデザイン!

愛知県政150周年ロゴマーク

2022年に愛知県が誕生して150年になることを記念して、鈴木敏夫プロデューサーが、愛知県政150周年記念ロゴマークを制作しました。
カタツムリと鳥が描かれており、愛知県ではこのキャラクターの名前を募集しています。

つづきを読む

『熱風』2021年5月号から表紙イラストを安野モヨコが担当!

熱風 2021年5月号

スタジオジブリが刊行するフリーペーパー『熱風』の表紙イラストを、漫画家の安野モヨコさんが2021年5月号から担当しています。
期間は、5月10日から配布されている5月号より一年間で、全12回の予定です。

つづきを読む

鈴木敏夫 講演会が横浜市立図書館で開催!

鈴木敏夫『ALL ABOUT TOSHIO SUZUKI』

横浜市立図書館100周年の記念式典として、鈴木敏夫さんの講演会が6月13日(日)に開催されます。

本講演は、鈴木さんの著書『ALL ABOUT TOSHIO SUZUKI』の編集を担当された、永塚あき子さんとの対談となります。

つづきを読む

『風の谷のナウシカ』のトルメキア装甲兵”クシャナ親衛隊”が再販決定!

タケヤ式自在置物 KT-028 トルメキア装甲兵 クシャナ親衛隊

『風の谷のナウシカ』の人気フィギュア、「タケヤ式自在置物 KT-028 トルメキア装甲兵 クシャナ親衛隊Ver.」が7月に再販されることが発表されました。
本品は、タケヤ式自在置物としてアクションフィギュア化されたもので、2020年7月に発売され、即刻完売。人気商品となりました。
このたび再生産が決まり、価格は8,580円(税込)となります。

つづきを読む

新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』サウンドトラックが配信スタート!

新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』

新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』のサウンドトラックが配信開始されました。

つづきを読む

『シン・エヴァ』興収82.8億円を突破し、『シン・ゴジラ』を抜く!

シン・エヴァンゲリオン劇場版

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の最新の興行収入が発表され、公開59日間で興行収入82億8229万8700円、観客動員数542万3475人を記録したことがわかりました。前作『劇場版:Q』が記録した、最終興収53億円を大きく上回っています。

庵野秀明作品としては、総監督として参加した『シン・ゴジラ』の興収82.5億円を突破し、歴代最高記録を更新しています。

つづきを読む

「スタジオジブリ若手制作集団」が作った名作『海がきこえる』

海がきこえる

スタジオジブリが、若手の台頭を期待して、若手スタッフを中心に制作した『海がきこえる』という作品があります。
本作は、1993年5月5日16時に日本テレビで放映された、ジブリ初のテレビ用作品です。

つづきを読む

宮崎吾朗監督が「天才てれびくんhello,」に出演

宮崎吾朗

NHK Eテレで放送されている「天才てれびくんhello,」にて、スタジオジブリの特集が行なわれます。

つづきを読む



 

© 2021 スタジオジブリ 非公式ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑