『時をかける少女』10th Anniversary細田守監督の『時をかける少女』が公開されてから10年を迎える今年、アニバーサリー企画として、映画の舞台である東京国立博物館で、特別企画「時をかける少女×東京国立博物館」の開催が決まりました。
『時をかける少女』の劇中に登場した東京国立博物館本館前で、7月15日(土)・16日(日)の二日間にわたり本編が野外上映されます。



『時をかける少女』10th Anniversary15日には、上映前に細田守監督と、東京国立博物館の松嶋雅人平常展調整室長によるトークイベントが実施。また、16日(土)にもスペシャルゲストによる特別イベントが予定されています。

さらに7月12日から、同館本館特別4室で『「時をかける少女」と東京国立博物館』展を開催。
劇中で描かれた『アノニマス-逸名の名画-』展を企画監修した松嶋雅人がキュレーションを手掛ける同展では、鉛筆や絵筆で描かれた映画の原画や背景美術を通して、劇中で東京国立博物館が果たした役割や『アノニマス-逸名の名画-』展が持つ意味を解説します。

物販では、『時をかける少女』オフィシャルグッズや、東京国立博物館限定デザインのオリジナルグッズが販売され、野外シネマ開催日には、野外シネマ限定デザインのグッズや、飲食の販売も実施される予定です。

この機会に、トーハクへ走りましょう。

『時をかける少女』10th Anniversary 博物館で野外シネマ
日時:2016年7月15日(金)・16日(土)19時~ (上映は19時30分頃からを予定)
会場:東京国立博物館 本館前
入場料:無料(当日の東京国立博物館入館料が必要)
※別途、座席付チケット(限定グッズ付)の事前販売を予定しております。
※雨天時、野外シネマは中止となりますが、座席付チケットをお持ちの方のみ、東京国立博物館平成館にてトークイベントおよび上映にご参加いただけます。

スペシャル・ギャラリー「『時をかける少女』と東京国立博物館」
日時:2016年7月12日(火)~31日(日) 9時30分~17時(ただし、水・金は20時、土・日・祝日は18時、7月15日(金)・16日(土)は22時まで。入場は閉館の30分前まで。7月19日(火)・25日(月)は休館)
会場:東京国立博物館 本館特別4室
入場料:無料(当日の東京国立博物館入館料が必要です)

物販SHOP
日時:2016年7月12日(火)~7月31日(日) 9時30分~17時(ただし、水・金は20時、土・日・祝日は18時、7月15日(金)・16日(土)は22時まで。7月19日(火)・25日(月)は休館)
会場:東京国立博物館前 正門プラザ
入場料:無料(無料ゾーンにあるため、当日の入館料は必要ありません)

『バケモノの子 スペシャル・エディション』Blu-ray
Blu-ray スペシャル・エディションには『バケモノの子』細田守監督書き下ろし短編小説を収録

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事