バケモノの子2016年10月25日から11月3日に開催される「第29回東京国際映画祭」において、日本映画の2大特集が決まりました。
一つ目は、今年度のアニメーション特集として、「映画監督 細田守の世界」開催。そして、二つ目は、「監督特集 岩井俊二」が組まれることになりました。



日本映画をより世界へ強く発信するべく組まれた本特集。「映画監督 細田守の世界」では、長編アニメーション映画で、今後の日本映画界を牽引していく映画監督・細田守を取り上げます。

そして2つ目「監督特集 岩井俊二」は、近年の日本映画を振り返り、現在の日本を代表する作品の数々を映画祭独自の視点でセレクションするJapan Now部門として開催。今一番海外に発信されるべき監督が一人ピックアップされるもので、今年は国内外で幅広く活躍した、岩井俊二監督に決まりました。

岩井監督の初となる長編アニメーション『花とアリス殺人事件』は国内外で高い評価を得たほか、最近作『リップヴァンウィンクルの花嫁』も大きな話題となっています。

第29回東京国際映画祭
期間:2016年10月25日(火)~11月3日(木・祝)
場所:東京都 六本木ヒルズ ほか


ジブリ情報配信中