ダム・キーパートンコハウスの第一回作品『ダム・キーパー』が、ついにBlu-ray&DVD化され、3月16日に発売されます。
堤大介さんのツイッターによると、短編映画とは思えない豪華パッケージ計画になっているとのこと。さらに、パッケージ用にスペシャルな絵を描き下ろされるとあって、期待が高まります。



また、同作のドキュメントブック『アート・オブ・ダム・キーパー』が、2月20日に発売されます。
美しく温かなビジュアルに加え、『ダム・キーパー』というアニメーションを作り上げるために奔走した、クリエイターの努力と友情の物語が一冊。アメリカで出版された『Art of The Dam Keeper』は、プレセールであっという間に売り切れたほどです。

画集フェチという、堤大介監督とロバート・コンドウ監督が作りあげた一冊にも期待です。

さらに、3月には銀座で「トンコハウス展」が予定されており、堤大介、ロバート・コンドウ両監督のサイン会も行なわれる予定となっています。

『ダム・キーパー』Blu-ray&DVD
発売日:2016年3月16日(水)
価格:Blu-ray 5,724円(税込)/DVD 4,644円(税込)
≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る

『アート・オブ・ダム・キーパー』
発売日:2016年2月20日(土)
価格:3,240円(税込)
≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事