シン・ゴジラ庵野秀明総監督の『シン・ゴジラ』のラッピングジェットが登場し、福岡・北九州空港でお披露目式が行われました。
黒の機体に、縦5メートル、横8メートルの巨大ゴジラが塗装された“ゴジラジェット”を間近で見た主演の長谷川博己さんは「このジェットで日本中のゴジラブームを空から広げてもらえたらうれしいです」と期待を寄せました。



ラッピングジェットは、航空会社のスターフライヤーの機体の特徴であるコーポレートカラーの「黒」と、ゴジラの「黒」という親和性からコラボレーションが実現。機体は「エアバスA320」で、1日6便、全国6都市、12月まで就航する。機内装飾はないが、機内客席モニターでは、『シン・ゴジラ』の予告を上映し、手ぬぐい、ノートといった特別コラボグッズも機内販売を予定しています。

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ
『シン・ゴジラ』の詳細全記録集が、豪華ハードカバー上製本で発売

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事