シン・エヴァンゲリオン劇場版

4月3日・4日の土日2日間の全国映画興行ランキングが発表され、庵野秀明監督の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が4週連続で1位だったことがわかりました。
同作は4月3日・4日の2日間で興行収入3億2,054万7,250円、観客動員数19万6,321人。公開初日から、28日間の累計では68億9,861万3,200円、観客動員数451万3,374人となっています。



現在の推移から、『シン・エヴァンゲリオン』の最終興行収入は、100億円近くに達するものと思われます。

そんな中、昨年公開された『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は公開25週目にして、先週の3位からランクを上げて2位になっています。

全国興行ランキングトップ10(4月3日・4日)
1『シン・エヴァンゲリオン劇場版』:4週目
2『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』:25週目
3『モンスターハンター』:2週目
4『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』:1週目
5『奥様は、取り扱い注意』3週目
6『騙し絵の牙』:2週目
7『トムとジェリー』:3週目
8『映画ヒーリングっど・プリキュア ゆめのまちでキュン!っとGoGo!大変身!!』:3週目
9『花束みたいな恋をした』:10週目
10『ガールズ&パンツァー 最終章 第3話』:2週目


ジブリ情報配信中



関連記事