なつぞら 第40話NHKの連続テレビ小説『なつぞら』の16日に放送された第40回の平均視聴率が22.4%だったことが17日、ビデオリサーチの調査で判明しました。相変わらずの高視聴率を持続しています。
ゴールデンウィークの2日間だけ20%を下回った回があるものの、その他はすべて放送以来20%を突破しています。



第40話で泰樹おんじは、なつが東京に行きたいという気持ちを汲み取って、雪月のとよさんに相談にいきます。雪月の雪次郎くんが東京に修業に行くという事で、なつのことも一緒に連れて行ってくれないかと頼みにいったのです。泰樹を演じる草刈正雄さんと、とよを演じる高畑淳子さんは、大河ドラマ『真田丸』では夫婦役だった二人だけに、夫婦漫才のようなやりとりが繰り広げられました。『なつぞら』はシリアスとユーモアの緩急が効いているのがいいですね。

そしてその晩、なつを助けた阿川親子が、牛乳を貰ったお礼に木彫りの熊を持ってやってきました。ほとんど隠居生活をしている阿川家が、わざわざお礼のお礼にやって来るというのは、あまりリアルではありません。しかし、これはきっと阿川弥市郎のおやっさんが、娘の砂良の将来を心配し、家柄の良い柴田家の長男・照男とくっつけようと画策しているのだと思います(笑)。もっぱら惚れているのは照男のようですし、きっとスムーズに進むことでしょう。

例によって、阿川弥市郎さんを演じた中原丈雄さんは、『真田丸』で高梨内記を演じていましたし、泰樹おんじとの対面は前世からの再会でした。

この回でも、なつはノートに描いた弥市郎が彫刻するパラパラ漫画を修正していました。よくよく考えてみれば、弥市郎と彫刻が一緒に描かれていて大変そうだったので、彫刻物は別セルにすれば良いじゃないか、と思ったんですけど、否、無理か。

『連続テレビ小説 なつぞら Part1』NHKドラマ・ガイド
撮り下ろし特集:広瀬すず×吉沢亮、豪華出演者紹介、歴代ヒロインコメント&「ヒロインを支えた男たち」インタビューなど、特別豪華版の番組ガイド。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中